M2M/IoT/スマートグリッド時代に発展する2大テクノロジーを徹底解説『920IP(ZigBee IP)とWi-SUN標準2015』 11月11日(火)に発売

PR TIMES / 2014年11月11日 13時40分

インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、現在、本格的なM2M/IoTおよびスマートグリッド時代を迎え注目を集めている「ZigBeeアライアンス」と「Wi-SUNアライアンス」の最新動向を整理した、『920IP(ZigBee IP)とWi-SUN標準2015』を、11月11日(火)に発売しました。

本書は、2年余前に発行した『920MHz ZigBee IPとスマートメーター用802.15.4g標準2012』を大幅に改訂したものです。この間、ZigBeeとWi-SUN(Wireless Smart Utility Networks)は、M2M/IoT時代の到来と同期するかのように、大幅な進化と発展を遂げました。
例えば、ZigBeeアライアンスは、独自プロトコルからオープンなIP対応のZigBee IPプロトコルを完成させました。さらに、日本において920MHz(サブギガ帯)が開放されると、ZigBee IPを920MHz帯に対応させた「920IP」を発表し、日本の環境でオープンなZigBeeを利用できる環境ができました。この920IP上で日本標準規格であるECHONET Liteを走らせ、さらに米国標準のエネルギー管理プロトコル「SEP 2」(Smart Energy Profile 2.0)にも対応しています。このようにZigBeeは、新しいスマートグリッドやM2M環境の構築の道を拓きました。
一方、日本のNICT(独立行政法人 情報通信研究機構)やガス業界、IT業界がリードして策定した国際標準Wi-SUNは、半導体チップが続々市場に投入され、同時にいち早く日本を代表する東京電力のスマートメーターに採用されるなど、そのプロトコルはスマートハウスの中核的な技術として普及し始めています。さらにWi-SUNアライアンスは、スマートメーターから今後市場が拡大するM2M関連へと進化させるため、M2M対応のワーキンググループ「RLMM WG」(Resource Limited Monitoring and Management Working Group)を発足させて、その取り組みを強化しています。

このような両アライアンスのダイナミックな最新動向をとらえて、本書では次のような構成で解説をしています。
第1章~第3章:ZigBeeアライアンスの最新動向を中心に、ZigBee IPの標準化と新しい920MHzに対応させたZigBee IP「920IP」や、ECHONET Liteを920IP(ZigBee IP)上で動作させるプロトコル構成と事例をはじめ、「CSEP」(SEP2相互接続性コンソーシアム)によるSEP 2相互接続試験の展開などを解説。
第4章~第6章:スマートメーター向け規格「IEEE 802.15.4g/4e」の物理層とMAC層をはじめ、Wi-SUNインタフェース部に関する解説を中心に、Wi-SUN対応製品の開発事例などを紹介。
第7章:Wi-SUNをベースにした次世代ガススマートメーター標準規格であるU-Bus/U-Bus Airを解説。
第8章:Wi-SUNアライアンスが発足したM2M対応のRLMM WGなど、M2Mアプリケーションに向かうWi-SUNの最新動向を解説。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング