ミックスド・シグナルおよびエントリ・レベル・マイコンに対応する新しいSTM32マイコン用ソフトウェア開発ツールを発表

PR TIMES / 2014年6月30日 9時40分



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ミックスド・シグナル・マイコンのSTM32F3ならびにエントリ・レベル・マイコンのSTM32F0を使用する開発プロジェクトに対し、STM32Cube(TM)ソフトウェア・プラットフォームの効率性とSTM32Nucleo開発ボードの利便性を提供する新しいSTM32マイクロコントローラ(マイコン)用ソフトウェア開発ツールを発表しました。

最新のソフトウェア・パッケージであるSTM32CubeF3およびSTM32CubeF0は、STM32F3(1)やSTM32F0(2)を使用した製品開発に対し、無償の専用ミドルウェア・スタック(タッチセンス・ライブラリ、USBライブラリ等)の他、STM32ファミリ間でのアプリケーションソフトの移植を簡略化するハードウェア抽象化レイヤ(HAL)経由でSTM32のペリフェラル向けドライバを提供します。このソフトウェアパッケージをPC用グラフィカルツールの最新版STM32CubeMXと組み合わせることで、開発者はグラフィカル・ウィザードを使用したマイコンの設定が可能になると共に、クリックするだけで、多くのサードパーティ製統合開発環境で直接使用できる初期化C言語コードを生成することが可能です。

この新しいソフトウェア・パッケージは、2014年前半にSTM32F4/F2/L0シリーズ向けにリリースされたSTM32Cubeプラットフォームと同様に、数百のコード使用例が用意されており、プロジェクトを容易に始めることができます。

現在、STM32F3/F0を使用したアプリケーションの初期開発を支援する開発ボードSTM32Nucleo(NUCLEO-F302R8/F072RB)も入手可能で、Arduinoアプリケーション・シールドの大規模なエコシステムおよびSTの専用拡張ボードを利用できます。STM32Nucleoは、製品の全ての入出力端子にアクセスでき、ST-Linkデバッグ/プログラマを統合しているため、デバッグ用の専用プローブが不要です。また、STM32NucleoはmbedTMに対応しており、mbed.orgにおいてオンライン開発環境への直接接続とその利用が可能です。

STM32Nucleoは現在出荷中で、単価は約10.32ドルです。詳細については、http://www.st.com/web/jp/catalog/tools/FM116/SC959/SS1532/LN1847をご覧ください。STM32Cubeソフトウェアは、http://www.st.com/web/jp/catalog/tools/FM147/CL1794/SC961/SS1533/PF259242から無料でダウンロードできます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング