『AQUOS オーディオ』<8A-C22CX1>を発売

PR TIMES / 2020年6月26日 13時40分

業界初(※1) 8K放送で採用されている音声フォーマット“MPEG-4 AAC”の「22.2ch音声入力」に対応立体音響再生技術「OPSODIS(R)」を採用し、臨場感あふれるサウンドを楽しめる



[画像: https://prtimes.jp/i/12900/517/resize/d12900-517-177940-0.jpg ]

シャープは、8K放送で採用されている音声フォーマット“MPEG-4 AAC”の「22.2ch音声入力」に業界で初めて対応し、臨場感あふれる立体音響を手軽に楽しめるシアターバーシステム『AQUOSオーディオ』<8A-C22CX1>を発売します。液晶テレビ『AQUOS 8K』<CX1ライン(※2)>と組み合わせることで、8K放送の22.2ch音声信号を最大限に活かした立体音響が体験できます。

8K放送で採用されている22.2マルチチャンネル音響は、前後左右に加え、上下方向にもチャンネルを配置することにより、まるでその場にいるような臨場感を味わうことができる3次元音響方式です。

本機は、音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で豊富な実績を持つ鹿島建設株式会社(※3) 技術研究所(以下、鹿島建設)と、音響技術分野で著名な英国サウサンプトン大学(※4) 音響振動研究所(以下、サウサンプトン大学)が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS(オプソーディス)」を採用しました。視聴者の前方に設置する本機のみで音を全方位に届け、前後・左右・上下の音場を創出します。8K放送の22.2ch音声信号のみならず、地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などでも、独自の音声処理によって立体音響を実現。全身が音で包み込まれるような体験ができます。また、ドルビーラボラトリーズ(※5)が開発した立体音響技術「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」に対応。さらに、3Wayスピーカーシステムと、各スピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを採用したことで、きめ細かな音場再生を実現しました。

『AQUOS 8K』のリモコンで本機の操作ができる便利な「AQUOSファミリンク」にも対応しています。

品名:シアターバーシステム
愛称:AQUOSオーディオ
形名:8A-C22CX1
希望小売価格:オープン
発売日:2020年8月29日
当初月産台数:500台

■ 主な特長
1.業界初 8K放送で採用されている音声フォーマット“MPEG-4 AAC”の「22.2ch音声入力」に対応。『AQUOS 8K』<CX1ライン>と組み合わせて、8K放送の立体音響を手軽に楽しめる
2.鹿島建設とサウサンプトン大学が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS」を採用
3.3Wayスピーカーシステム、および独立駆動の6chデジタルアンプを採用
4.テレビのリモコンで簡単に操作できる「AQUOSファミリンク」に対応

※1 2020年6月26日現在、当社調べ。テレビと接続するシアターバーシステム/サウンドバーとして。
※2 『AQUOS 8K』<8T-C70CX1/8T-C60CX1>が対象です。テレビの22.2ch対応には、テレビ本体のソフトウェアアップデートが必要な場合があります。
※3 本社:東京都港区、代表取締役社長:押味至一
※4 所在:英国サウサンプトン市、President and Vice-Chancellor:Professor Mark E. Smith
※5 本社:米国カリフォルニア州、プレジデント兼CEO:ケビン・イェーマン

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/200626-a.html

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p200626-a.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング