スマートフォン等のさらなる省電力化に貢献する最新のSTM32 Dynamic Efficiency(TM)マイコンを発表

PR TIMES / 2014年7月8日 9時56分

システム状態を常時モニタし、バッテリ駆動時間を延長する革新的なBatch Acquisition Mode(BAM)を搭載



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、スマートフォンやタブレット等のさまざまなアプリケーションに優位性を提供する新しいSTM32 Dynamic Efficiency(TM)マイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。このマイコンは、データのバッチ処理時の省電力性を向上する技術を採用しており、これはGoogle社の最新OSであるAndroid 4.4(KitKat)のバッテリ駆動時間を延長する技術に対応します。

Android 4.4は、加速度センサや圧力センサといった常時オンのセンサを制御する低消費電力センサ・ハブを採用しており、メイン・システム・プロセッサのバッテリ消費電力を抑えることができます。STのSTM32 Dynamic EfficiencyマイコンであるSTM32F411は、低消費電力と高集積度でより高い性能を提供できるよう設計されており、センサ・ハブに最適です。また、同製品のBatch Acquisition Mode(BAM)は、CPUコアのスリープ・モード時にセンサ・データをSRAMに直接格納することで消費電力をさらに最大50%低減できます。コアは、スリープ・モードから短時間でRUNモードに復帰し、SRAMに格納されたデータを処理した後、再び省電力モードに戻ります。

STM32F411は、さまざまな産業・コンスーマ機器に使用できる汎用製品です。産業機器、医療用モニタ、ビル・オートメーション、ウェアラブル機器などのアプリケーションに、新しいFlash-STOPモードを含む省電力イノベーションや、BAMによるメリットを提供します。小型パッケージ(最小3.034 × 3.22mm)にも対応しているため、スペースに制限のある用途にも使用できます。

STM32F411は、DSP命令セットおよびFPUを備えたARM(R) Cortex(R)-M4プロセッサ・コアを搭載し、大容量SRAM(最大128KB)およびFlashメモリ(最大512KB)を内蔵しています。また、STのART Accelerator(TM)分岐キャッシュ(1)、90nmプロセス技術、および電圧スケーリング機能を利用することで、動作時の消費電力を最小化すると共に、処理性能を高めます。新しいSTM32 DynamicEfficiencyマイコンは、FlashメモリからのEEMBC(R) CoreMark(TM)コード実行時、100μA/MHz (ペリフェラルはオフ状態) のRUNモード電流を実現する業界初のCortex-M4クラスのデバイスです。また、最大100MHzの駆動で125DMIPSのパフォーマンスを実現できます。STOPモード時の消費電流も非常に小さく、全てのSRAMデータ保持を行う場合でも、わずか10μAです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング