松たか子、長塚圭史、首藤康之、近藤良平が歌う!! 演じる!! 『三菱UFJモルガン・スタンレー証券 presents 音のいない世界で』

PR TIMES / 2014年12月10日 19時3分

12月28日(日) 19:00~19:55放送(TOKYO FM)をはじめ、JFN系7局ネットでOA!

TOKYO FMでは、日本を代表する劇作家・演出家の長塚圭史が脚本・出演するラジオドラマ『三菱UFJモルガン・スタンレー証券presents 音のいない世界で』を、12月28日(日)19:00~19:55に放送致します。(JFN系列7局ネット:放送日・時間違い)
このラジオドラマは、昨冬、新国立劇場で上演された同タイトルの舞台を、長塚圭史がラジオドラマとして新たに脚本を書下ろしたもの。長塚圭史がラジオドラマの脚本を手掛けるのはこれが初となります。
演じるのは、舞台と同じ豪華キャスト、松たか子、長塚圭史、首藤康之、近藤良平。さらに、オリジナル主題歌「記憶(とき)のうた」をキャスト全員で歌います。
音しかないラジオで、もし音が消えてしまったら・・・?冬の一夜、ちょっと不思議でユーモラスな物語をお楽しみ下さい。




◆音だけのラジオから、音が無くなってしまったら・・・前例のないラジオドラマ!
長塚圭史作・演出の舞台「音のいない世界で」は、昨冬、新国立劇場で上演され、高い評価を得た作品。
大切なカバンを盗まれてしまったために「音」を失ってしまったセイ(松たか子)と、カバンを取り戻すために旅へ出たセイを追う旦那さん(首藤康之)が、季節をめぐって不思議な旅をする一夜の物語。旅の途中で出会う人々を4人のキャストが交互に演じます。

舞台をラジオドラマ化するにあたって、新たに脚本を書下ろした長塚圭史は「舞台とラジオは全く違う。イメージが広がる言葉を選んだり、あえてカタい言葉を入れたり・・新しい“音の世界”を立ち上げていくつもりで書いた」といいます。収録は、気心の知れた4人が、アイデアを出し合い、試行錯誤をしながら進められました。「子供の頃、友達とお話を作ってカセットに録音したのを思い出した。」という長塚。「音の世界であるラジオで、音のいない世界へ堕ちて行く夫婦を描く。ラジオ的にはなかなか珍しい世界観が、聴く人にどう届くか楽しみ」と語りました。

◆キャスト全員で歌う、オリジナル主題歌は必聴!
ラジオドラマを締めくくるのは、長塚圭史作詞・佐橋佳幸編曲の主題歌「記憶(とき)のうた」。松たか子をはじめとするキャスト全員で、今回、新たに収録しました。演劇界・ダンス界の実力派キャストの貴重な歌声をお楽しみください。

【「音のいない世界で」あらすじ】
貧しいながらも旦那さん(首藤康之)と仲睦まじく幸せに暮らすセイ(松たか子)。
ある冬の日、二人組の泥棒(長塚圭史、近藤良平)に大事なカバンを盗まれたセイは、「音」を失ってしまいます。
カバンを取り戻すため、一人で旅に出るセイ。
同じく「音」を失ってしまった旦那さんもまた、いなくなってしまったセイを追って旅に出ます。
どうやらカバンが盗まれたことで、セイだけでなく世界中から「音」が奪われてしまったよう。
果たして二人は再会し、カバンと「音」を取り返すことができるのか。
季節をめぐる不思議な一夜のものがたりです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング