1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【衣類のニオイに関する実態調査】脱臭が必要と感じるのは「洗いにくい衣類についた汗のニオイ」。「汗のニオイが気になる」のは男女で大きな意識差が!男性70%越え、女性は約50%

PR TIMES / 2021年9月3日 16時45分

~手間なくサッと、衣類スチーマーで毎日の衣類ケア~

 何かと気になる衣類・布類のニオイ。汗臭や飲食臭、タバコ臭などが付いてしまっても、毎回洗濯するのは面倒であったり、洗濯できないものをクリーニングに出すのは負担がかかったりと、お手入れ方法にお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、パナソニック株式会社では、全国の男女514名を対象に衣類・布類の脱臭について実態調査を実施しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-ce047ab968d115f0af02-4.jpg ]


【TOPICS】


衣類の脱臭の必要性を感じるのは、約6割が「制服やスーツ、ジーンズ、帽子等、洗いにくい衣類についた汗のニオイ」と回答。特に男性は汗のニオイに敏感な傾向に。
衣類のニオイの対処法は「洗濯をする」が約8割。ニオイが気になったら、すぐに洗濯や消臭スプレーをしたり、初めからクリーニング店に任せるとの声も。


《衣類の脱臭が必要と感じるのは「洗いにくい衣類についた汗のニオイ」。男性ほど汗臭を気にする傾向に》
衣類の脱臭の必要性を感じたことがあるアイテム・場面について質問したところ、「制服やスーツ、ジーンズ、帽子等、洗いにくい衣類についた汗のニオイ」がトップに。そのほか、「カーテンやクッションカバー、ジャケット等についた焼肉などの飲食臭」や「ジャケット等についたタバコのニオイ」など、洗いにくい衣類・布類は特に脱臭の必要性を感じていることが分かりました。
また、「制服やスーツ、ジーンズ、帽子等、洗いにくい衣類についた汗のニオイ」は、女性では52.6%が回答したのに対し、男性は72.8%の結果に。男性は「汗のニオイ」にひときわ敏感であることが伺えます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-3053e87938e79121350c-0.png ]



《ニオイが気になったら洗濯や消臭スプレーで即対処。衣類スチーマーでの脱臭は少数派に 》
次に、衣類や布類の嫌なニオイが気になったときの対処法については、「洗濯をする」が81.7%でトップに。続いて、「消臭スプレーを使う」「クリーニングに出す」がランクイン。アイロンや衣類スチーマーのスチームを用いたニオイケアはまだまだ浸透していないことが分かりました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-7f7949cae360af75ca5d-1.png ]



具体的な対処法については、ニオイが気になったら、洗濯や消臭スプレーですぐの対処を心掛けている方が多いようです。
「すぐに着る予定がなければ洗い直しします。すぐに着なければいけないときは消臭スプレーでニオイを誤魔化します。」(20代女性)
「ニオイが気になったらすぐ洗濯をします。」(50代女性)
「洗うか消臭スプレー。それでもダメならクリーニングに出します」(50代男性)

その他、浴室の蒸気やアイロンのスチームを活用して、ニオイケアを行っている方も。
「お風呂場に干すのが何気に効きます。」(40代男性)
「焼肉のニオイやタバコのニオイは、お風呂にお湯を溜めた浴室で2時間くらい放置すると、程よく蒸気があたって臭いが取れます。出張先や旅行先で、洗濯やクリーニングに出せない時によく行います。」(30代女性)
「スチームアイロンを上手に使うと、クリーニング店以上の仕上がりになります。」(30代女性)

一方、洗いにくいスーツやダウンなどはクリーニングにお任せする傾向が多いことが分かりました。
「汗のニオイ等が付いたスーツや外出着等はクリーニングへ出します。」(70代男性)
「洗えるものは洗濯しますが、スーツやダウンなどは、プロのクリーニング屋さんにお任せします。」(60代女性)

[調査概要]
・エリア:全国
・調査対象:10代~70代 男女計514人
・調査期間:2021年8月5日(木)~2021年8月12日(木)
・調査方法:インターネット調査


【お出かけ後にもサッとお手入れ!大量スチームで脱臭・除菌】
今回の調査により、衣類や布類のニオイが気になるとき、洗濯やクリーニング、消臭スプレーで対処している方が多いことが分かりました。一方で、毎回の洗濯やクリーニングは負担が大きいほか、気づいたその場で脱臭することが難しく、消臭スプレーでは香料がついてしまう場合もあり、手軽なお手入れ方法があれば良いと感じている方もいらっしゃるのはないでしょうか。また、近年のニューノーマルな生活スタイルの中で、脱臭だけではなく、「除菌」への関心も高まっています。
そこで、忙しい時にも、大量スチームでシワとりしながら脱臭(※1)・除菌(※2)ができる「パナソニック衣類スチーマー NI-GS400」を9月1日より発売します。本製品はアイロン面を持たないスチーム専用タイプで、今すぐ着用したいという時に活躍します。洗濯が難しいものや、いつもクリーニングに出していた衣服にも手軽にサッとご使用いただけるため、毎日の自宅でのケアにおすすめです。
薬剤を使用せずにスチームで脱臭・除菌ができるため、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心してお使いいただけます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-b6dfd0be8e6f6ec62ff9-7.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-ce981358055709653911-9.jpg ]


品番:NI-GS400
商品詳細:
https://panasonic.jp/iron/products/steamer/ni_gs400.html

<特長>

1.洗いにくい衣類も、すっきり脱臭・除菌
洗いにくいアウターやジャケット・スーツなど、頻繁に洗濯できない衣類についた気になるニオイ。汗や飲食、タバコのニオイはもちろん、加齢臭までしっかり脱臭できます。また、布製のバッグや、洗濯後の綿マスクなど、清潔に保ちたい衣類やお部屋のファブリックまで、スチームの熱で手軽に除菌できます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-4e545c7d6c41300cc4f7-11.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-30ab12cf9a46547f5859-10.jpg ]



2.大量スチームで、サッとシワ・ニオイとり たっぷり平均約16 g/分のスチーム量でしっかりケア。電源を入れて約30秒で立ち上がるため、お出かけ前や、帰宅後など使いたいときにすぐ使えます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-add5a848879f182a2ca2-13.jpg ]


3.大容量タンクで、連続スチーム 約9分 注水の手間なく続けてかけられる、取り外しできる大容量タンクを搭載。たくさんの衣類をケアしたい時に便利です。
[画像9: https://prtimes.jp/i/24101/521/resize/d24101-521-c1db2f927bec631c802f-12.jpg ]


※1 脱臭効果(当社調べ) 【試験対象】生乾き臭・ペット臭・加齢臭(ノネナール)・汗臭・タバコ臭・飲食臭(焼肉・焼き魚) 【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価 【試験結果】対象臭気それぞれにおいて、有意な臭気抑制効果を確認 【試験対象】防虫剤臭(樟脳) 【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果をガスクロマトグラフィー質量分析法にて評価 【試験結果】対象臭気において、有意な臭気抑制効果を確認
※2 除菌試験内容 【試験依頼先】財団法人日本食品分析センター 【試験成績書発行番号】第20062589001-0101号 【試験成績書発行日】2020年10月23日 【試験方法】1cmの距離からスチームを約3秒間あてた、菌付着布の除菌確認 【試験結果】99%の除菌効果(試験は2種類の菌で実施)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング