「レコチョク年間ランキング2014」発表!2014年を象徴するアーティストとトレンドが多数ランクイン、トップ100公開!

PR TIMES / 2014年12月10日 13時27分

「アナと雪の女王」関連5冠!



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、本日12月10日(水)、毎年恒例の「レコチョク年間ランキング2014」(集計期間:2013年12月1日~2014年11月30日)を発表いたしました。
http://recochoku.com/rank_2014/

このランキングは、レコチョクが提供している携帯公式サイト、PC・スマートフォン(スマホ)・ニンテンドー3DS(TM)向け音楽ダウンロードストア「レコチョク」や「dミュージック powered by レコチョク」「LISMO Store powered by レコチョク」にて配信している各配信商品のダウンロード数を集計したものです。また、2013年より国内でも本格稼働した定額制聴き放題サービス「レコチョク Best」などにおける「再生回数ランキング」も発表しています。


【レコチョクランキング】【着うた(R)ランキング】
「ダウンロード(シングル)」部門である「レコチョクランキング」(※1)で1位を獲得した楽曲は、上半期ランキングに続き、松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)」。
この楽曲は本年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版劇中歌。4月度から3ヶ月連続で月間ランキング1位を獲得、また、レコチョク週間ランキングでは9週連続首位、1位“獲得回数”は通算15回となり、レコチョクの歴代最高記録を更新しました。また、3位にMay J.、5位にはイディ

ナ・メンゼルによる「レット・イット・ゴー」がランクインするなど、本年の社会現象ともいえる「アナ雪」ブームを感じさせる結果となりました。
この楽曲は、「着うた(R)ランキング」、ジャンル別ランキング「J-POP」部門でも1位を獲得、3冠に輝いております。

【ダウンロード(アルバム)ランキング】(※2)
1位は『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】』。映画「アナと雪の女王」関連作品は、松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)」の3冠、イディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」のジャンル別ランキング「洋楽総合」部門1位獲得など全5冠を達成しました。


【アーティストランキング】
「ダウンロード(シングル)」部門でAKB48が4年連続となる1位を獲得、「着うた(R)」部門は


西野カナが3年連続1位を獲得しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング