アメリカの電子書籍”ブーム”は終了した?! 日本の電子書籍の舵きりのヒントがここにある!!

PR TIMES / 2014年5月15日 9時47分

NY在住出版エージェント・大原ケイの話題のコラムを緊急出版

株式会社ブックウォーカーが展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】では、『ルポ電子書籍大国アメリカ』の著者、NY在住の出版エージェントの大原ケイ氏の話題のコラムを緊急配信いたします。



NEWS RELEASE
2014年5月15日
株式会社ブックウォーカー

アメリカの電子書籍”ブーム”は終了した?!
日本の電子書籍の舵きりのヒントがここにある!!
NY在住出版エージェント・大原ケイの話題のコラムを緊急出版

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】では、『ルポ電子書籍大国アメリカ』の著者、NY在住の出版エージェントの大原ケイ氏の話題のコラムを緊急配信いたします。

■電子書籍”ブーム”真っ只中の日本がアメリカに学ぶものは何か?
「アメリカの電子書籍“ブーム”は終了しましたので」というコラムがネットでさかんにシェアされた。出典元はNY在住の出版エージェント・大原ケイ氏のブログ「Books and the City」。

「アメリカの2013年の書籍総売上の数字が全米出版社協会から発表された。それによると書籍総売上は約150億ドル、前年比で1%増加。--中略--みんなが知りたいEブック(電子書籍)については、売り上げシェアが27%という数字。要するにあれだけ騒がれていたEブックだが、アメリカでさえも3割いかないというわけだ」(本文より)

この5年ほど、「アメリカは電子書籍の先進国」という認識で、日本の出版業界関係者がアメリカに視察に来ている。しかし、アメリカは日本のように「出版不況」ではないし、「流行り」だから電子書籍端末や電子書籍を買うという人もあまりいないという。
また、電子書籍端末発売当初、新刊が10ドル以下で売りだされて話題になったが、現在は「新刊のハードカバー20ドル、Eブック10ドル、セルフ・パブリッシング数ドル」と落ち着いてきた。
ただし、電子書籍のセルフ・パブリッシングが「出版」のハードルを下げたことも事実だ。アメリカ人はみんながみんな「自分はベストセラーが書けるはず」信じて疑わないメンタリティを持っている。しかも、著者も読者も「本」は「モノ」ではなく、メッセージをやりとりする「ツール」だという認識がある。
つまり、アメリカの事情と日本の事情はかなり違うのだ。しかしながら、学ぶべきことはたくさんある。
本書は前出のコラムと「マガジン航」の記事をベースに再構成し、緊急出版したものである。電子書籍“ブーム”真っ只中にいる日本、舵きりのヒントがここにある。【読了時間 約16分】

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング