これはSFではない!! 民間ベンチャー企業が宇宙ゴミ問題の解決に挑む!

PR TIMES / 2014年5月22日 9時31分

宇宙ゴミ問題の解決に民間ベンチャーが挑む!

 株式会社ブックウォーカーが展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、民間初の月着陸プロジェクトに参加するなど、今注目のアストロスケール社(シンガポール)CEO岡田光信氏、初の著書『宇宙起業家』の配信を開始しました。



NEWS RELEASE
2014年5月22日
株式会社ブックウォーカー

これはSFではない!!
民間ベンチャー企業が宇宙ゴミ問題の解決に挑む!

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、民間初の月着陸プロジェクトに参加するなど、今注目のアストロスケール社(シンガポール)CEO岡田光信氏、初の著書『宇宙起業家』の配信を開始しました。

■ 宇宙ゴミ問題の解決に民間ベンチャーが挑む!
今、地球の衛星軌道上には、一定以上の大きさのものだけでも約3万個の宇宙ゴミ(スペース・デブリ)が超スピードで飛び交い、運用中の衛星や打ち上げたロケットと、いつ衝突してもおかしくない危険な状況にあります。一度大きな事故が起きれば、周囲の衛星を巻き込んだ連鎖衝突に発展する可能性もあり、そうなれば、我々の生活にも深刻な影響があることは間違いありません。
この状況を打破するためには、従来の国主導のやり方では無理だ。そう感じた一人の日本人起業家が、2013年、シンガポールでデブリ除去を事業目的としたアストロスケール社を設立しました。


20000 Days in Space
スペース・デブリの爆発的な増殖のシミュレーションCG映像
http://www.youtube.com/watch?v=pkfKnxX-L0k
■ 宇宙産業での起業とは、IT業界での起業と本質はさして変わらない
今や宇宙は、世界の名だたる起業家たちから、インターネットに続く新たな巨大市場になり得るものとして注目を集めています。

資金力の小さいベンチャー企業が、宇宙という壮大な舞台で、いかにして「利益の出る」ビジネスを起こすことができたのか? それをどうやって継続していくのか?
本書では「資金力がないからこそ1年目からの黒字体質を目指す」「壮大な構想を実現するには、ディテールの理解が重要」など、夢を夢物語で終わらせないための考え方が記されています。

著者は「農学部出身」で旧大蔵省から外資系コンサルティング会社、IT企業を経て、宇宙産業に乗り込んだ日本人起業家。
宇宙に関心がある人はもちろん、未知の分野での起業を目指す人にもぜひ読んでいただきたい本です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング