【TOKYO FM・Kiss FM KOBE共同制作 2015年成人の日特別番組】神戸発。全国の新成人に届ける20歳のメッセージ 『神戸に生まれて、20歳の誓い』

PR TIMES / 2015年1月6日 12時30分

1月12日(月祝) 14:00~14:55放送(※JFN系列全国ネット時間違い)

TOKYO FMではKiss FM KOBEとの共同制作による特別番組『神戸に生まれて、20歳の誓い』を、1月12日(月祝)14:00~14:55(※JFN系列全国ネット時間違い)に放送致します。阪神淡路大震災から20年。震災の年に生まれ、復興とともに成長してきた神戸の若者たちが成人式を迎えます。神戸の復興とともに育った20年。彼らの目に 、いま神戸の街と東北の被災地は、どう映るのでしょうか。彼らが抱く未来の目標とは?成人の日に新成人となったひとりの青年の成長を通して、「神戸の震災復興」と「その先の未来」を見つめます。案内役は、神戸出身のシンガーソングライター・平松愛理。震災以降、復興チャリティイベントを主宰してきた彼女が、神戸の新成人の今を伝えます。




阪神淡路大震災から20年。震災の年に生まれ、今年成人式を迎える出羽亮介君は、神戸大学法学部に通う大学2年生。震災を経験したのは生後2週間で、もちろん震災の記憶はありませんが、家族から聞いたり授業で学んだり、といつも震災を身近に感じてきたといいます。
そんな彼がここ数年、心にわだかまりを感じていることがありました。「被災地・東北」のこと―3年前、東日本大震災が起きた時に、ボランティアなど思い浮かべはしたものの、なかなか行動に移すことができなかった彼は、今回はじめて東北を訪れ、東北で頑張る同じ20歳の男の子に出会う旅に出ます。
東北で出羽君を待つのは、現在宮城大学2年生の中津留裕人君。仙台市内で初対面した二人は、中津留君の案内で宮城県岩沼市の沿岸部にある養豚場跡地へ向かいます。ここではかつて、中津留君の両親が養豚場を経営していましたが、東日本大震災の津波でその養豚場は流されてしまいました。生活の糧を失った家族は、現在故郷を離れて、宮城県蔵王町に移住しています。同じ20歳でも、置かれている状況が大きく異なる新成人の二人は、家族や故郷や未来に向けて、今何を思い、何を考え語り合うのでしょうか?案内役は神戸出身で、自身も20年に渡り復興チャリティイベントを主宰してきたシンガーソングライターの平松愛理。どうぞご期待ください。

【番組概要】
◆タイトル: 『神戸に生まれて、20歳の誓い』
◆放送日時: 1月12日(月)14:00~14:55 ◆放送局: TOKYO FMをはじめとするJFN系列38局ネット
※時間違い・各局の時間は番組HPでご確認いただけます。
◆出演者 : 平松愛理(ナビゲーター)、神戸の新成人・出羽亮介(でわ・りょうすけ)君、
仙台の新成人・中津留裕人(なかつる・ひろと)君
◆企画制作: TOKYO FM、Kiss FM KOBE ◆番組HP: http://www.tfm.co.jp/kobe
◆提 供: 菊正宗酒造、ビオフェルミン製薬、神戸・三宮さんちか、ダンロップ、ファブリーズ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング