パソナテック 人材サービス会社として初のトレーニング・パートナーシップ契約を締結「Automation Anywhereエンジニア育成プログラム」4/1開始

PR TIMES / 2019年3月28日 14時40分

~RPA分野のエンジニアのキャリアシフトを支援~

パソナグループの株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 栗本裕司)は、企業の業務自動化を支援するRPAプロバイダーのオートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社と、人材サービス会社として初となるトレーニング・パートナーシップ契約を締結しました。これに基づき、4月1日(月)より、RPAツール「Automation Anywhere Enterprise」を活用できる人材育成を目的に「Automation Anywhereエンジニア育成プログラム」を開始します。

「Automation Anywhereエンジニア育成プログラム」は、プログラミングやVBA・マクロなどの実務経験があるエンジニアを対象に、3日間で実施いたします。
まず、ロボットの実行や稼働状況の把握、利用権限の付与などを行う管理機能をもつ「Web Control Room」や、PC上でロボットを作成・編集する機能をもつ「Client」の操作について学んでいただきます。またロボットが実行している作業を切り出して他の業務に適用させるツール「MetaBot」の操作方法に関する研修も合わせて行います。
本プログラムは、東京をはじめ、全国のパソナテックの拠点で順次実施し、企業のRPA活用を推進するための人材を育成します。

パソナテックは本プログラムを通じて、RPAのさらなる活用を推進し、企業の業務改善と生産性向上に寄与するとともに、エンジニアのスキルアップやキャリアシフトを支援します。

■『Automation Anywhereエンジニア育成プログラム』 概要

開始:
4月1日(月)

対象:
プログラミングやVBA・マクロなどの実務経験があるエンジニア

内容:
「Automation Anywhere Enterprise」の操作方法を学べる3日間の研修プログラム
1. ロボットの実行や稼働状況の把握や、利用権限の付与などを行う管理機能を持つ「Web Control Room」の操作方法
2. PC上でロボットを作成・編集する機能をもつ「Client」の操作方法
3. ロボットが実行している作業を切り出し、他の業務に適用させる機能をもつ「MetaBot」の操作方法

料金:
無料
※パソナテックの登録スタッフに限る(選抜制)

HP:
https://www.pasonatech.co.jp/search/feature/detail.html?p=1607

お問合せ:
株式会社パソナテック E-mail rpapg@pasonatech.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング