ボローニャで国際イラストレーション賞を受賞した絵本作家・刀根里衣の最新刊『ぼくのともだち』―大切な人との出会いと別れ、再会の物語―

PR TIMES / 2015年9月3日 14時22分



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研パブリッシング(東京・品川/代表取締役社長:中村雅夫)が、『ぼくのともだち』を発売いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/2535/548/resize/d2535-548-475829-1.jpg ]



作者の刀根里衣さんはイタリア・ミラノを拠点として活躍する絵本作家です。2012年から2年連続ボローニャ国際絵本原画展で入選を果たし、2013年、日本人としては初めて国際イラストレーション賞を受賞しました。その暖かくてやさしい絵と物語は、ヨーロッパのみならずアジアでも注目されています。

大きな林檎の家にひとりぼっちで住むうさぎは、迷子のたまごに出会い友情を育んでいきます。二人はとても幸せでしたが、いつか別れが訪れます。大切な人との出会いと別れ、再会を描いた本書は、このたび日本版オリジナルとして作者の未使用原稿も収録しています。


[画像2: http://prtimes.jp/i/2535/548/resize/d2535-548-397693-2.jpg ]



■書籍概要
商品名:『ぼくのともだち』
定価:本体1400円+税
判型:220×220mm・カラー28P
発売日:9月1日
発売場所:全国の書店・ネット書店
ターゲット層:幼児~小学生。20~30代女性。
発行:学研パブリッシング
発売:学研マーケティング


■著者紹介
刀根 里衣(とね・さとえ)
福井県生まれ。京都精華大学デザイン学部ビジュアルコミュニケーション学科卒業。2012年から2年連続でボローニャ国際絵本原画展で入選を果たし、2013年には日本人としては初めて“国際イラストレーション賞”を受賞する。現在イタリア・ミラノを拠点に活動中。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング