もっとイギリス英語で話したい! 『ENGLISH JOURNAL』2013年12月号、11月6日発売

PR TIMES / 2013年11月5日 10時42分

特集は「もっとイギリス英語で話したい!」

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役会長:平本照麿)より、CD付き英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL(イングリッシュ・ジャーナル)』(以下、EJ) 2013年12月号のご案内を申し上げます。



▼特集
英文学の「いい言葉」50選 on CD
もっとイギリス英語で話したい!

<欧州ではスタンダード、イギリス英語を身に付ける!>
アメリカ英語に慣れた日本人の耳には、イギリス英語は難しく聞こえたりするもの。ここでは、英米の発音や強勢位置の違いを、実際にイギリス人ナレーターとアメリカ人ナレーターの録音で学びます。さらに、日常会話でもよく引用される、イギリスの格言、名言50選を、イギリス英語で美しく発音できるようになりましょう!
(監修・執筆:小川直樹、デイヴィッド・ジョン・テイラー)

▼EJ Interview
●ベネディクト・カンバーバッチ(俳優)
BBCドラマの現代版シャーロック・ホームズ役で人気が爆発し、『スター・トレック』の悪役の演技でも話題となったイギリス人俳優、ベネディクト・カンバーバッチ。「SHERLOCK/シャーロック」を中心に、彼の役者の真髄を語ります。頭の回転の良さや教養の深さを感じさせる、豊富な表現力と早口な語りに注目です。

●ビシャール・シンハ(ブリティッシュ・エアウェイズ 日本・韓国地区元支社長)
2009年に創立90周年を迎えた伝統あるイギリスの航空会社で、長きにわたり、日本・韓国のオペレーション全体を指揮してきた、インド出身のビシャール・シンハ氏。異文化の環境で、リーダーシップを効果的に発揮する方法や、国際的な市場での成長戦略について、豊富な経験に基づく力強いアドバイスを明かします。

●ジェフ・ストリーター(ブリティッシュ・カウンシル駐日代表)
イギリスの公的な文化交流機関として、100カ国以上で活動するブリティッシュ・カウンシルは、今年で日本創立60年を迎えます。駐日代表を務めるジェフ・ストリーター氏が、日本での活動、特に英語教育への関わりや、イギリスの魅力について、お手本ともいえる明瞭なイギリス英語発音で紹介します。

▼特別企画1
ロンドンで英語発信力を試す! イギリス特派員ルポ

▼特別企画2
心のこもったすてきなご挨拶 Season’s Greetings(執筆:ケイ・ヘザリ)

◆連載
あっぱれ! ジャパニーズ(駐日英国大使館 総料理長、吉田龍貴)/英語のおもてなし(神服佐知子)/英米小説最前線(柴田元幸)/奥様のためのTOEIC(R)テスト講座(TEX加藤)/発信力強化ゼミ(柴原智幸)など

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング