「YAMAKEI CREATIVE SELECTION」第一回公募作品から 『遥かなる日本七百名山 山登り一代記』 『山小町 ―恋―』 NextPublishingで2冊同時刊行!

PR TIMES / 2014年12月16日 10時21分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)と、山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、インプレスR&Dが開発した「NextPublishing」メソッドを使用して、次世代型少部数出版サービス「ヤマケイ クリエイティブ セレクション」を本年7月から開始しています。
このたび、第1回の公募作品から、『遥かなる日本七百名山 山登り一代記』(著者:島口 寛之)と『山小町 ―恋―』(著者:やぎた 晴)を同時発刊いたしました。

『遥かなる日本七百名山 山登り一代記』 『山小町 ―恋―』


『遥かなる日本七百名山 山登り一代記』
著者:島口 寛之
小売希望価格:電子書籍版 1,100円(税別)/印刷書籍版 2,200円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:四六判/モノクロ/本文286ページ
ISBN:978-4-635-88633-8
発行:山と溪谷社

<<発行主旨>>
山と溪谷社の次世代型小部数出版サービス「YAMAKEI CREATIVE SELECTION」の公募作品第一弾。おもに一般の著者向けのラインナップ「Frontier Books」として刊行。

<<内容紹介>>
「山登りに対峙したとき、日本の名山とは何か、を考えた」。大学時代に山と出会い、会社員になっても、結婚しても登山に明け暮れた著者が選んだ、日本の七百名山。若かりしころの失敗談や苦悩なども赤裸に交えつつ、読後「こんな山ヤになってみたい」と思わせる爽快一代記。

<<目次>>
第一章 若き日の山
第二章 山の仲間
第三章 名山探訪
第四章 あとがきと日本七百名山リスト

<<著者紹介>>
島口 寛之(しまぐち・ひろゆき)
昭和14(1939)年、静岡県生まれ。1963年、慶応義塾大学経済学部卒業。二つ会社を変わり、キヤノン(株)で定年、キヤノン電子(株)顧問を経て2011年末49年間のサラリーマン生活を終了。学生時代から登山に熱中、北海道から沖縄まで「日本中のいい山」に足跡を残す。若き日は特に剱岳に想いを寄せる。その後上信会越の山々、飯豊・朝日連峰、東北の山々に頻繁に足を向ける。独自の「日本700名山」をリスト化し、登山実践に活用。登山関係者に開示。2011年「日本百名山」完登。「日本700名山」の中534山を登り、 完登に向けて実践中。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング