【ザ・リッツ・カールトン東京】 オリジナルボトル入り 限定ヴィンテージ ラム「カロニ 22年 - カスク#82」の発売開始

PR TIMES / 2020年7月16日 16時40分

ザ・バーでは全4種のオリジナルカクテルも提供~



[画像1: https://prtimes.jp/i/11305/556/resize/d11305-556-877221-1.jpg ]

 ザ・リッツ・カールトン東京(所在地:東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン内、総支配人:田中 雄司)では、2020年7月17日(金)より、現在は閉鎖している蒸留所で作られた当ホテル限定のヴィンテージ ラム「カロニ 22年 – カスク #82」の販売を、45階「ザ・バー」及び、1階「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」にて開始いたします。

 「カロニ 22年 – カスク #82」は、1997年にカリブ海の島国トリニダード・トバゴ共和国で蒸留され、バーボンウイスキーに使用されるアメリカ産オーク樽で22年間熟成させた後、本年初頭にザ・リッツ・カールトン東京のオリジナルボトル全219本に瓶詰めされました。

 1923年に設立されたカロニ(Caroni)は、イギリス海軍に供給されていたことでも知られ、世界的に優れた上質なラム酒を生産することで、数十年に亘り世界のトップ蒸留所として栄えました。トリニダード・トバゴ共和国におけるサトウキビ生産の減少により、同蒸留所は2003年に閉鎖されましたが、その名は現在もなお世界中に広く知られています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11305/556/resize/d11305-556-275936-0.jpg ]

 ザ・リッツ・カールトン東京では、2020年7月17日(金)より「カロニ 22年 – カスク #82」のご提供を開始いたします。ホテル45階「ザ・バー」では、バイ・ザ・グラス(30ml)または、ボトルキープ(700ml)に加え、同ラムを使用したオリジナルのカクテル全4種も登場します。中でもヘッドバーテンダー和田健太郎による同店のシグネチャーカクテル「ザ・リッツ・カールトン マンハッタン」をアレンジした「ザ・リッツ・カールトン カロニ マンハッタン」は、ザ・リッツ・カールトン東京のオリジナルブレンドティーを使用した、ザ・バーでしか味わえないシンプルかつクラシックなラムカクテルです。また、1階「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」では、ギフトとしてもご利用いただけるボックス入りで販売いたします。ご自身へのご褒美や、お酒好きな方への贈り物など、ご自宅でヴィンテージ ラムの風味を存分にご堪能ください。

 「カロニ 22年 – カスク #82」の詳細は下記の通りです。

【カロニ 22年 – カスク #82】
■ 提供場所: ザ・バー(45階)
■ 提供時間: ザ・バーの営業時間中
■ 提供料金: グラス(30ml) 10,000円、カクテル(全4種) 各10,000円、
ボトル (700ml)150,000円(全て税・サービス料別)
※バーで購入したボトルのお持ち帰りは不可

■ 提供場所: ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ(1階)
■ 提供料金: ボトル ※ボックス入り(700ml)150,000円(税別)

■ ご予約・お問合せ: 03-6434-8711(レストラン予約 10:00~20:00)

ザ・リッツ・カールトン東京について
ザ・リッツ・カールトン東京は日本の首都、東京のエンターテインメントとビジネスの拠点である六本木に位置します。都内最高の高さを誇るミッドタウン・タワーの最上層9フロアを占めるレストラン、スパ、クラブラウンジ、そしてゲストルームからは360度の絶景が広がります。総客室数247のゲストルームのうち35室はスイートであり、ザ・リッツ・カールトン スパ 東京では最高の寛ぎをご提供します。レストランは会席、寿司、天麩羅、鉄板焼を提供する日本料理 「ひのきざか」、フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」、コンテンポラリーグリル「タワーズ」、チョコレート&ペストリー「ラ・ブティック」、「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」、ロビーラウンジやバーの7店舗と、ミーティングやイベント宴会施設、そして婚礼チャペルを完備しております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング