STとAutotalks、安全性とエコ運転を支援する車車間・路車間通信分野で協力

PR TIMES / 2014年12月10日 10時20分

先進的な車載エレクトロニクスをリードする両社の強みを組み合わせ、第2世代の車車間・路車間通信用チップセットを実現

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、車車間・路車間通信用(V2X)チップセットのパイオニアでV2Xの普及を推進するイスラエルのAutotalksは、V2Xチップセットの提供に関して協力することを発表しました。V2X通信(V2V : 車車間、V2I : 路車間)は実用化に向けた開発が加速しており、両社は2017年までのV2Xチップセットの広範な普及を目指します。

調査会社であるIHS社は、世界のV2V通信機器の出荷台数が、2017年に約70万台、2020年には560万台、2025年には5500万台に増加すると予測しています。この大半はDSRC規格とITS G5規格をベースとする米国や欧州、さらには日本向けの出荷で、純正品とアフターマーケット品の両方を含んでいます。米国運輸省(DOT)と国家道路交通安全局(NHTSA)は、V2Xに関する規則作成先行公示(ANPRM)をリリースしました。ある準備報告書は、道路の安全性を劇的に改善するV2Xの準備が完了しいると言及しています。

STとAutotalksは、マスマーケット向けに最適化された第2世代のV2Xチップセットの製造で協力しています。両社はこの協力を通じて、技術ならびにリソースを相互補完的に活用することができます。Autotalksは、V2X向けの半導体、システムおよびソフトウェアの経験に加え、セキュリティ、モビリティ、通信、RF、信号処理および測位技術に関するノウハウを提供します。STは、より広い市場評価を可能にし、次世代チップセットの採用を加速させる車載機器メーカーとの戦略的パートナーシッや継続的な関係に加え、通信やナビゲーションなどの分野におけるチップ設計の専門性および高度な製造能力を提供します。

Autotalksの最高経営責任者(CEO)であるNir Sassonは、次の様にコメントしています。「STとの協力は、業界をリードする当社のV2Xプログラムに付加価値をもたらします。私たちは、協力を通じて、自動運転向けのセキュリティや機能安全のような次世代の目標に向けて、V2Xチップセットの応用範囲を拡大することができます。このようなプロジェクトは、業界内にはありません。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング