パナソニックが、栄誉ある3Dクリエイティブ賞「Century Award」を受賞

PR TIMES / 2013年2月15日 14時8分



パナソニック株式会社は、国際3D協会(International 3D Society:I3DS)が主催する第4回「Creative Awards」で、その最高賞となる「Century Award」の初代受賞者の栄誉を拝しました。2013年2月6日、その授賞式がロサンゼルスのビバリーヒルズホテルで行われ、パナソニックハリウッド研究所バイスプレジデントのRon Martin氏が出席しました。

「Century Award」は、今年度創設された賞で、3Dに関する歴史に残るエポックメーキングな功績をあげた企業に授与されます。 当社は、2010年10月の、「Technology Awards」で最高賞となる「Charles Wheatstone Award」の初代受賞に続く、「Creative Awards」での最高賞の初代受賞となります。

パナソニックは、

・ 国際オリンピック委員会(IOC)およびオリンピック放送サービス(OBS)とのロンドン五輪の3D放映化に向けたパートナーシップ契約の締結
・ 放送品質で機動力に優れた一体型2眼式カメラレコーダー(AG-3DP1)等の機材提供と技術指導
・ 各地域でのオリンピックプロモーション

といった、ロンドンオリンピックにおける五輪史上初の3D放送への貢献が高く評価され、今回の受賞に至りました。

【映像】オリンピック初の3D放送を体験
http://www.youtube.com/watch?v=Zb_uJzCKxIM


受賞にあたってRon Martin氏がスピーチ。冒頭、非常に栄誉な賞の受賞者に選定された喜びの言葉を述べました。そして、「ロンドンピックの期間中、多くのケーブル局や衛星キャリア、さらにはNBCやオリンピック放送サービスを含むパートナーのご支援の下、260時間以上の3Dを放映しました。パナソニックは、過去にない20カ国以上の多くの視聴者に向け3D放送に貢献できたことを誇りに思います」と述べました。

今回の受賞を励みとし、当社は、B to Bを視野に入れたグローバルなビジネスの展開を、今後ますます強力に推進してまいります。

▼パナソニック3Dイノベーションセンター
http://panasonic.co.jp/avc/3d-innovation/
▼パナソニックの3Dトータルソリューション
http://pro-av.panasonic.net/jp/3d/index.html
▼一体型2眼式カメラレコーダー(AG-3DP1)
http://pro-av.panasonic.net/jp/3d/ag-3dp1g/index.html
▼パナソニックのオリンピックスポンサー活動
http://panasonic.net/olympic/jp/
▼パナソニックがロンドンオリンピックの3D放送化に向けたパートナーシップ契約に調印
http://panasonic.co.jp/news/topics/2011/89308.html

国際3D協会(International 3D Society:I3DS)とは・・・
3D専門家の育成と3Dの芸術・技術を見せる教育的機会を提供するとともに、3Dにおける業績を称えることで、3Dの発展を促進するために設立された協会です。
I3DSホームページ(英語):http://www.international3dsociety.com/International_3D_Society/HOME.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング