デジタルハリウッド×ピクルス主催<月刊インタラ塾 第26回>「見極める目を鍛えろ!」-企画プレゼンから理解する成功する広告-

PR TIMES / 2013年1月22日 16時9分

企業マーケティング担当者必見!

「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響く広告を生み出すための考え方や技術など、学べる機会を提供している「月刊インタラ塾」を、株式会社ピクルスと共同開催いたします。
 今回のインタラ塾では、企業マーケティング担当者の方に向けた内容となっており、ゲストは、数々の広告賞を受賞しているインタラクティブエージェンシー、「AID-DCC Inc.」から藤原愼哉氏、「1→10design」から長井健一氏、「株式会社イメージソース」から小池 博史氏をお迎えいたします。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] は、「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響く広告を生み出すための考え方や技術など、学べる機会を提供している「月刊インタラ塾」を、株式会社ピクルスと共同開催いたします。

 今回のインタラ塾では、企業マーケティング担当者の方に向けた内容となっています。

 広告の企画は実施するまで、成功の可否はわかりません。
 マーケティング担当者は企画に対して可否を見極める能力が求められています。
 今回は、ゲストの3社に、企業広告やキャンペーンなどの企画プレゼンを再現してもらい、それぞれの企画の見極めのポイントを語っていただきます。
(例:「クライアント課題」→「企画プレゼンテーション再現」→「実際に実施したか」→「見極めのポイント」)

 ゲストは、数々の広告賞を受賞しているインタラクティブエージェンシー、「AID-DCC Inc.」から藤原愼哉氏、「1→10design」から長井健一氏、「株式会社イメージソース」から小池 博史氏をお迎えして行います。

 セミナー形式ではありますが、企業マーケティング担当者にとっては、成功する広告を見極める目を、実践的に鍛えるチャンスです。この機会に是非足をお運びください。

 尚、デジタルハリウッドにて開講している「デジタルコミュニケーションアーティスト専攻」では、あらゆるメディアをデザインし、融合できる人材を育成しており、月刊インタラ塾で取り上げられているテーマと、当専攻の卒業制作において目指すアウトプット作品には通じるものがあると感じ、今回の共同開催にいたりました。


◆開催概要◆
http://bit.ly/intarajyuku26
■日程:2013年1月31日(木)
■時間 :開始 19:30 ~ 終了21:30頃 (開場19:00) 終了後、22時30分まで懇親会を開催
■会場:デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム
■住所 :東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg.
■アクセス:丸ノ内線/御茶ノ水駅
      JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 
      千代田線/新御茶ノ水駅 各駅から徒歩2分
■参加費:無料(※懇親会参加の方は3000円必要です)
■参加方法:企業マーケティング担当者限定イベントのため、一般参加のお申込は受け付けておりません。
      企業マーケティング担当者様につきましては下記URLよりお申込ください。
      企業マーケティング担当者様申込フォーム : http://everevo.com/event/3505

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング