話し方教室・あがり症克服の・日本コミュニケーション学院グループ学院総長の本:『あがりやすい人のための「話す力」の鍛え方』発刊されました!

PR TIMES / 2014年10月24日 10時19分



       どんな場面でも堂々と話せる!スピーチ・あいさつ・対面…すべて安心!
       コミュニケーション指導と、あがり・緊張克服の第一人者、初の著作!発刊。


【タイトル】
『あがりやすい人のための「話す力」の鍛え方』

【価格】
1,404円(税込)

【発行】
三笠書房

【著者】
酒井美智雄
福岡県生まれ。中大法卒。ビジネスとコミュニケーションのプロコンサルタント・コーチとして、30年超のキャリアを有する。1987年、ビジネス能力開発と高度話力開発の日本ビジネス・コミュニケーション協会を創設。翌88年、同協会・附属スクールとして、日本コミュニケーション学院グループ http://www.comgakuin.jp を設立。現在は同協会・同グループ代表取締役社長を務める


【目次】
1章 9割の「あがり」は、努力で解決する!(「あがっている状態」の5つの特徴とは;話しているときの「表情」も見られている ほか)

2章 話し方の「型」を知っておくと、緊張しない(最初の「一言」を決めておくと、話しやすい;まとまった話をするときは、「5段話法」に落とし込む ほか)

3章 アウトプットなくして、話し方は上達しない(「場数」ほど、自分を成長させるものはない;「その人ならでは」の話を皆求めている ほか)

4章 あがったように聞こえない「声」のつくり方(「声の出し方」も話し方を左右する;口のウォーミングアップを習慣にする ほか)

5章 面接・発表・説得でも、「話力」がものをいう!(説得力をすぐに強化できる5つのポイント;「叱る」「ほめる」を効果的に活用する法 ほか)

【内容】
あがり克服専門の「話し方教室」で教えられているスーパーノウハウ! 大勢を前にしたあいさつから一対一の面接まで、幅広く対応。

さて、あなたはいくつ思い当たりますか?

「かしこまった話をするのは苦手」
「緊張したら自分でも何を言っているのかわからなくなる」
「人前で話をすることを考えただけで気が重い」
「話をするとき声が震えたり、言葉が詰まったりしたことがある」
「大勢の人を前にすると、体が固まってガチガチになる」

こんな悩みは、もう無用です!
よく起こる「あがった状態」は、生まれつきのものではありません。
あがっても失敗しないコツさえわかれば、
見違えるような話し方ができるようなっていきます。


【お問合せ】
東京都渋谷区代々木1-58-10 第一西脇ビル4F
日本コミュニケーション学院グループ http://www.comgakuin.jp
TEL:03-3375-9580

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング