インクリメントPが、位置情報活用のマーケティング事業者団体「LBMA Japan」に入会

PR TIMES / 2020年6月9日 15時10分

~デジタル地図を活用した位置情報マーケティングをさらに強化~



 パイオニア株式会社の連結子会社であるインクリメントP株式会社が、位置情報活用のマーケティング事業者団体である一般社団法人「LBMA Japan」(所在地:東京都千代田区、代表理事:川島邦之)に入会しましたので、お知らせします。

 昨今、人流分析やエリア解析において移動ログが活用されるなど、デジタルマーケティング分野での位置情報の重要性が高まっています。インクリメントPは、カーナビゲーション向け地図をはじめ、GIS向け、コンシューマー向けの地図サービス「MapFan」など、自社で整備したデジタル地図をさまざまな分野へ提供することにより、位置情報の利用価値を高めてきました。

 このたび、「LBMA Japan」への入会および同団体が掲げるガイドラインの設定に参画することにより、位置情報と移動ログを安心して活用できる環境作りに寄与するとともに、マーケティング分野における、より高い精度、鮮度への要求、需要に応えていきます。


<「LBMA Japan」について>
 世界の20以上の都市・国に支部と1,500社の会員を持ち、位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的とする事業者団体「Location Based Marketing Association(LBMA)」の日本支部として、日本国内における、位置情報マーケティング・サービスの共通ガイドライン策定などを行っています。
URL: https://www.lbmajapan.com/

<インクリメントP株式会社について>
 パイオニアのカーナビゲーション向けのデジタル地図を制作する会社として、1994年5月に設立。その後、Web地図サービスをはじめ、デジタル地図のリーディングカンパニーとして市場を牽引してきました。来るモビリティ社会に向けて、自動運転向けの高精度地図の整備や、プローブ、人流、乗換データを活用した案内・誘導技術によるMaaS実現への貢献など、「すべての移動と行動にレコメンドできる地図」の創造を目指しています。
URL: https://www.incrementp.co.jp/

※「MapFan(マップファン)」はインクリメントPの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング