インターネットで座席指定できる新しい映画前売券「ムビチケ」の利用劇場がさらに拡充!3月29日(土)より、松竹マルチプレックスシアターズ全劇場でサービス開始、全国で3分の2強のシネコンでの利用が可能に!

PR TIMES / 2014年3月28日 12時32分

株式会社ムビチケ

 株式会社ムビチケ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木 文郎)は、2014年3月29日(土)より、株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬戸口 和人、以下 SMT)が展開する直営全26劇場(255スクリーン)にて、映画電子前売券「ムビチケ」が利用できるサービスを開始いたします。

「ムビチケ」は、インターネットで座席指定まで出来る新しい映画前売券として、2011年9月1日にサービスを開始いたしました。その利便性のよさに全国の映画ファンより高い評価をいただき、提携劇場数も年々拡大を続けてまいりましたが、この度新たな提携先として全国に新宿ピカデリーをはじめ、MOVIX・ピカデリーブランドの映画館を展開しているSMTが加わることになりました。

 これにより「ムビチケ」をご利用いただけるシネコンは全国で 242サイト 1950 スクリーン(3/28現在)となり、全国のシネコンの約3分の2強をカバーすることになります。




 SMTは、お客様がムビチケを利用することにより、従来の紙の映画前売券と違い、インターネットで座席指定を行えるようになるといった顧客サービスの向上や、販路が拡大することによる新たな映画ファンの獲得を目的とし、ムビチケの導入を決定いたしました。また、ムビチケでは、現在多くのムビチケユーザーの方から「全国どの映画館でも利用できるようにしてほしい」という声をたくさん頂戴しており、そうしたご期待に少しでも早く応えるためにも、SMTでの利用がスタートすることは大きな意味を持つものと考えております。

 今後もさらにサービスレベルを向上させるべく、利用環境の整備と販売ポイントの拡充に努めてまいります。そして、少しでも映画館に足を運んでいただける方々の利便性を向上させ、映画界の活性化に向けて寄与していくことを目指してまいります。


[ムビチケについて]

「ムビチケ」は、座席指定が可能な映画前売券販売サービスの名称です。ムビチケには、ムビチケ オンライン券とムビチケカードの2つの種類があり、ムビチケ オンライン券利用者はPC、タブレット端末、携帯電話、スマートフォンを利用して「ムビチケ」専用Webサイトで映画の電子前売券を購入し、提携している各シネコンのWebサイトで座席指定を行い、鑑賞当日は自動発券機より座席券を出力するだけで鑑賞できます。また、購入した電子前売券をギフトとしてプレゼントすることができ、プレゼントを受け取った方も同様にチケットレスで鑑賞できます。詳細は下記Webサイトを参照ください。http://www.movieticket.jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング