九州日本語教育連絡協議会25周年協賛企画『日本語教材まつり2014 in 福岡』開催

PR TIMES / 2014年8月19日 18時47分

主催・アルク、スリーエーネットワーク、凡人社

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)は8月23日、株式会社スリーエーネットワーク(東京都千代田区麹町 代表取締役社長:藤嵜政子、以下スリーエーネットワーク)、株式会社凡人社(東京都千代田区平河町 代表取締役:田中久光、以下凡人社)と共催で「日本語教材まつり2014 in 福岡」を開催することをご報告します。



東京、大阪で開催してきた『日本語教材まつり』を今年は福岡で開催します。 今年のテーマは「文法」。昨年より急増した非漢字圏学習者への授業展開で悩んでいる教師もいらっしゃることでしょう。授業での文法の扱いを、多角的に考えてみませんか。

◆開催日時:2014年8月23日(土)10:30~17:30
◆会場:九州大学国際ホール(箱崎キャンパス)
     福岡市東区箱崎6-10-1
◆対象:日本語教育に興味のある方(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など)
◆参加費:1,000円(税込)
◆定員:120名
◆主催:アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
◆協力:九州日本語教育連絡協議会

◆内容/スケジュール(予定)
・10:30~10:40 【ご挨拶】
・10:40~12:00 【基調講演:「文法」は楽しい!】
 講師:小林ミナ/早稲田大学 大学院日本語教育研究科
 テーマ:言語素材、教室活動、教材を手がかりに「日本語教師が『文法』と楽しくつき合う方法」
     について考える
・13:00~14:20 【研修会1. 日本語教育の中での「文法」~何をどこまで学ぶものなのか~】
 講師:西川寛之/明海大学 外国語学部日本語学科
 テーマ書籍:『日本語文末詞の研究』
・14:30~15:50 【研修会2. 新しい視点で文法を斬る─哲学としての文法】
 講師:桑島卓男/公益財団法人 京都日本語教育センター京都日本語学校
 テーマ書籍:『日本文化を読む・初中級編』
・16:10~17:30 【研修会3. 文法を体系的に考える─文法の全体像の捉え方について】
 講師:原沢伊都夫/静岡大学 国際交流センター
 テーマ書籍:『考えて、解いて、学ぶ 日本語教育の文法』

【日本語教材まつり2014 in 福岡】
●URL:http://www.bonjinsha.com/event/
※凡人社ホームページ内

【アルクのプレスリリース】
●URL:http://www.alc.co.jp/press/pressrelease/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング