台湾発、最重要オルタナティブ・ロック・バンド「透明雜誌」、ついにメジャーリリース決定!~We are ‘TOUMING MAGAZINE’ from Taiwan!

PR TIMES / 2012年5月17日 14時29分



日本のアンダーグラウンドとオーバーグラウンド、そしてアジア全体のロックシーンの架け橋となる存在として期待と注目が高まっている最重要オルタナティブ・ロック・バンド「透明雜誌(TOUMING MAGAZINE)」。

2012年7月、ついにEMIミュージック・ジャパンより待望のメジャーリリースが決定しました。タイトル曲「透明雜誌FOREVER」を含む新録4曲収録のEPで、日本盤には2曲のボーナストラックを収録予定です。

透明雜誌は2006年より台湾にて活動を開始。結成当初からPixies, Weezer, Sonic Youth, Super chunk, Cap’n Jazz、そしてNUMBER GIRLからの影響を公言し、2010年末に母国台湾でリリースされたデビューアルバム「我們的靈魂樂」が、日本では輸入盤のみの扱いながら耳の早いインディロックリスナーの間で大きな話題となりました。
2011年7月には邦題『僕たちのソウルミュージック』として、4曲の自主制作盤の音源を追加収録した形で日本盤をリリース。同年秋の来日ツアーにおいてもその音楽性、そしてユーモア溢れる人間性が如何なく発揮され、待ちわびていた多くのファンを魅了。また、確かな演奏力と派手なライブパフォーマンスでフロアーを大いに沸かせました。

本作リリース後には来日ツアーやイベント出演も予定しているという彼ら。今後の日本のロックシーンを大きく揺るがす存在になる事は間違いありません。彼らを語らずしてオルタナティブ・ミュージックの今、そして未来は語れない。必聴、そして必見です!

■RELEASE
2012年7月18日発売 1,200円(税込)
EP「透明雜誌FOREVER」(TOCT-29029)
4曲収録(日本盤のみ限定仕様。ボーナストラック2曲追加収録予定。)

■LIVE SCHEDULE
「METEO NIGHT 2012」
2012年8月5日 (日)
O-WEST &O-NEST & 7th floor 同時開催 OPEN 12:00 / START 13:00
http://meteonight.lessthan.tv/

■PROFILE 添付アーティスト写真 左より 唐世杰 (Dr)、薛名宏 (Ba)、張盛文 (Gt)、洪申豪 (Gt/Vo)

「透明雜誌」、台湾から突如出現した衝撃的オルタナティヴ・ロック・バンド。そのストレートでエッジーなサウンドが台湾の音楽シーンでも異色の存在感を放ち、当初、ここ日本でも「NUMBER GIRL」を彷彿とさせる存在として大きな話題を呼んだが、彼らはその与えられた肩書きを超える存在へと進化を果たした。初来日となった2011年のジャパンツアーでは、確かな演奏力と圧倒的なライブパフォーマンス、そしてステージでの予想外なユーモア溢れるMCで、待ちわびていた多くのファンを魅了。台湾では既に絶大な人気と影響力を誇るインディバンドのひとつである彼らだが、今後は日本だけにとどまらない更なるブレイク、そしてアジアを代表するロックバンドへと成長する可能性を秘めたバンドである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング