1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

公安分析市場ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、分析タイプ別(予測、処方、および記述)、アプリケーション別、展開モード別、業種別、地域別ー世界的な予測2030年

PR TIMES / 2021年7月10日 11時45分

SDKI Inc.は、「公安分析市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年07月09日に発刊しました。この調査には、公安分析市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109492



[画像: https://prtimes.jp/i/72515/617/resize/d72515-617-3476c05b5d9c5b9c8cf4-1.png ]

公安分析市場は、2022年に112.9億米ドルの市場価値から、2030年までに332.8億米ドルに達すると推定され、予測期間中に16.7%のCAGRで成長すると予想されています。

市場は、潜在的な犯罪や災害から国と国民を保護するための公安機関の必要性の高まりによって推進されてきました。また、世界中でモノのインターネット(IoT)の採用が増加しているため、公安分析市場の成長が加速しています。さまざまな公安機関は、収集されたデータから有用な洞察を得ることができます。データから得られた洞察により、法執行機関は、犯罪を防止しており、公共の安全を維持するために必要なデータから実用的な洞察を得ることができます。さらに、ビジネスインテリジェンスの技術的進歩により、公安機関は、リアルタイムのデータストリーム分析と機械学習を使用して、履歴データと特定のパターンに基づいて予測を行うことができます。公安機関は、犯罪歴、ソーシャルメディアプラットフォーム、および調査データから膨大な量のデータを収集します。これらの要因は、市場の成長に貢献すると予想されます。

しかし、公安分析サービスを採用する際の予算の制約は、市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

公安分析市場は、コンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、分析タイプ別(予測、処方、および記述)、アプリケーション別(パターン認識、インシデント検出、パーソンオブインタレストスクリーニング、監視)、展開モード別(オンプレミスおよびホスト)、業種別、地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソリューションに基づいて、アイデンティティ分析ソリューションサブセグメントは、予測期間中に公安分析市場でより大きな市場規模を保持と予想されます。

アイデンティティ分析ソリューションサブセグメントは、より大きな市場シェアに貢献すると推定されています。アイデンティティ分析は、デジタルデバイスによって生成された巨大なアイデンティティに関するアイデンティティ関連のリスク認識を提供する完全に統合されたソリューションです。IoTデバイスの使用の急増により、アイデンティティ分析ソリューションを使用できる承認済みの要求を並べ替えるために、アイデンティティおよびアクセス要求の数が増加しています。公安機関は、アイデンティティ分析ソリューションの需要の高まりにより、従来のアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)システムから高度な分析ソリューションに移行しました。

地域概要

公安分析市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は最大の市場シェアを占めており、予測期間中に世界の公安析市場を支配すると推定されています。公安分析市場は、緊急事態の初期兆候を検出、防止、および準備することによって公安サービスを強化するために、機関全体で公安分析プラットフォームの採用が増加したため、北米で進化しました。入国する犯罪者の増加、および国境管理による違法な活動への過度の滞在と偽造により、この地域はこれらの次世代技術を採用するようになりました。一方、アジア太平洋地域は、この地域の国々が国家安全保障と公安のための公安分析ソリューションの展開に多額の投資を行っているため、公安分析市場の成長機会を提供します。

市場の主要なキープレーヤー

公安分析市場の主要なキープレーヤーには、Hexagon(スウェーデン)、IBM(米国)、Cisco(米国)、NEC(日本)、SAP(ドイツ)、Esri(米国)、SAS(米国)、Nice Systems(イスラエル)、Splunk(米国)、Verint Systems(米国) 、Hitachi Vantara(米国)、Haystax(米国)などがあります。この調査には、公安分析市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/public-safety-analytics-market/109492

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング