『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2013』、3年目を迎える「CGアニメーション部門 supported by デジタルハリウッド」今年も世界各国からハイクオリティ作品が集結!

PR TIMES / 2013年5月9日 15時11分

~審査員に樋口真嗣監督、タレントのSHELLYさんが決定!~

デジタルハリウッドでは、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」において、昨年に引き続き今年も「CGアニメーション部門 supported by デジタルハリウッド」を設置、上映作品、スケジュール、審査員が決定しました。
3年目を迎える今年は、全147作品から、日本、オーストラリア、スペイン、ドイツ、アイルランド、イスラエルなどから集まった世界各国のCGショートフィルム、20本を上映いたします。
CGだからこそ表現できる、世界基準のダイナミックでファンタジックな映画の世界をお楽しみいただけます。
審査員は、映画『のぼうの城』などの樋口真嗣(映画監督)氏、テレビをはじめ多方面で活躍するSHELLYさん、そしてデジタルハリウッド大学学長の杉山知之の3名です。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社では、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)」において、昨年に引き続き今年も「CGアニメーション部門 supported by デジタルハリウッド」を設置、上映作品、スケジュール、審査員が決定しました。
 3年目を迎える今年は、全147作品から、日本、オーストラリア、スペイン、ドイツ、アイルランド、イスラエルなどから集まった世界各国のCGショートフィルム、20本を上映いたします。
 CGだからこそ表現できる、世界基準のダイナミックでファンタジックな映画の世界をお楽しみいただけます。
 「CGアニメーション部門」は、 SSFF & ASIAとデジタルハリウッドがコラボレーションをし、世界トップレベルのCG作品を国内に紹介するとともに、日本から世界基準のCGクリエイターを発信していくことを目指し展開しています。デジタルハリウッドが主催するクリエイティブアワード、『DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2013』の準グランプリ作品の『SHADOW CHALK』も上映いたします。
 審査員は、映画『のぼうの城』などの樋口真嗣(映画監督)氏、テレビをはじめ多方面で活躍するSHELLYさん、そしてデジタルハリウッド大学学長の杉山知之の3名です。
 優秀賞は、6月9日(日)に明治神宮会館にて行われるアワードセレモニーにて発表され、賞金60万円が授与されます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング