ジミー・ペイジ×ポール・スミス音声付 『ENGLISH JOURNAL』2015年2月号、1月6日発売

PR TIMES / 2015年1月5日 12時11分

特集は「パワフル英語表現100」

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)より、CD付き英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL(イングリッシュ・ジャーナル)』(以下、EJ)2015年2月号のご案内を申し上げます。



▼特集

上級者レベルに食い込め!
パワフル英語表現100

<ネイティブと肩を並べて会話しよう>

英語の中級者と上級者の違いの一つは、ネイティブらしいフレーズが、会話の中で自然に使えるかどうかに表れます。この特集では、あなたの英語を強化し、レベルアップする「パワフル」な英語表現を100個ご紹介。穴埋め問題できっちり定着させて、上級者への壁を軽々超えましょう!

▼EJ Interview

●ベン・アフレック(俳優)&ロザムンド・パイク(女優)


デヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』は、一見幸せそうに見える夫婦の実情を暴き出す、サスペンス・スリラー。突然失踪した、謎多き妻をパイクが、その妻を懸命に捜すものの次第に疑惑の目を向けられる夫をアフレックが演じました。主演の二人が、全米で話題となった作品の制作秘話を語ります。


●ウィリアム・ヒューレット(米ヒューレット・パッカード社 共同創業者)

世界的なコンピューター会社、ヒューレット・パッカード(HP)。創業者のヒューレット氏自身が、シリコンバレーの誕生と発展について、当時の様子を克明に語ります。大恐慌を経験したヒューレットだからこそ打ち出せた、社員を尊重するHP独自の企業理念。その足跡を熱く語る氏の言葉には、重みが感じられます。

●マーカス・デュ・ソートイ(数学者、オックスフォード大学数学研究所教授)

NHK「オックスフォード白熱教室」でも話題になった、数学の名物教授、マーカス・デュ・ソートイ氏。テレビ番組への出演や新聞の寄稿など、一般への数学の啓蒙活動にも熱心で、オックスフォード大学では「科学啓蒙のためのシモニー教授職」を務めています。ユーモアあふれる教授の語り口に、数学への印象が一変するかもしれません。

▼特別企画(ジミー・ペイジ記者会見 音声付)

一般教養としてのロック
きみはレッド・ツェッペリンを知っているか

1968年、ギタリストのジミー・ペイジが中心となって結成したバンド、「レッド・ツェッペリン」。彼らが世界の音楽界に与えたインパクトを振り返ります。ジミー・ペイジとファッション界の巨匠ポール・スミスとの、合同記者会見のトークもお楽しみください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング