丹後王国 “京の台所”「錦市場商店街」にアンテナショップを開設 『丹後七姫殿(仮称)』11月オープン

PR TIMES / 2019年9月6日 0時40分

~錦市場商店街内で初のイートインスペースを設置~

パソナグループで西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」を運営する株式会社丹後王国(本社:京都府京丹後市弥栄町、代表取締役社長 中川正樹)は、京都府、京都市、京都錦市場商店振興組合と連携し、“京の台所”「錦市場商店街」(京都市)に、丹後地域の食の魅力や観光情報を発信するアンテナショップ『丹後七姫殿(仮称)』(以下、『丹後七姫殿』)を11月にオープンいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16751/653/resize/d16751-653-514731-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/16751/653/resize/d16751-653-166846-1.jpg ]

▲外観・内観イメージ

錦市場商店街は“京の台所”として、京都の旬の食材や、野菜、漬物など様々な商品を扱う400年以上の歴史を持つ国内外の観光客に人気のスポットです。
この度開設するアンテナショップ『丹後七姫殿』は、錦市場商店街で400年の歴史を持つ寿司屋「伊豫又(いよまた)」の協力のもと、店舗をリノベーションし、「伊豫又」のお寿司と“丹後の食”を提供してまいります。

1階では、「伊豫又」のお寿司のほか、丹後地域の野菜、肉類、海産物、漬物などの特産品や、世界的なビアコンペティションで受賞歴のある「丹後クラフトビール」などオリジナル商品を販売いたします。
2階では、錦市場商店街内で初となるイートインスペースを設けることで、利用者が商店街で購入した商品を持ち込んで楽しむことができ、商店街で課題となっている「食べ歩き」の解決にも寄与してまいります。
また道の駅 丹後王国「食のみやこ」や、「天橋立」、「琴引浜」など丹後地域の観光地の情報を発信するスペースを併設し、観光客の誘致につなげてまいります。

丹後王国は、本取り組みを通じて、丹後地域の魅力を国内外の観光客に知っていただき、観光需要の拡大に寄与するとともに、地元で採れた農産物や加工品などの販路を開拓する「地域商社」としての取り組みを強化してまいります。

■『丹後七姫殿(仮称)』概要

開設:
11月

場所:
京都府京都市中京区東魚屋町197

営業時間:
9時30分~18時30分(予定)

定休日:
なし ※錦市場商店街に準ずる

面積:
約200平方メートル

機能:
【1階】
・400年の歴史を持つ「伊豫又」の鯖寿司、押し寿司の販売
・炉端焼き、丹後ばら寿司、丹後地域で採れた農産品等の特産品の販売
・丹後王国の自家製ソーセージや丹後クラフトビール等のオリジナル商品の販売

【2階】
・商店街で購入したものを持ち込んで楽しめるイートインスペースを設置
(利用には1階でワンドリンク・ワンフードの注文が必要)
・錦市場商店街に関する歴史物の展示
・「海の京都DMO」等と連携した丹後地域の観光情報の発信
※錦市場商店街への修学旅行など教育旅行の受入れなど、イベントでの貸切利用が可能

備考:
内容は現時点のもので、今後変更の可能性があります

運営:
株式会社丹後王国

お問合せ:
丹後王国「食のみやこ」 Tel 0772-65-4193 (10時00分~17時00分・火曜日休)

■参考 丹後王国「食のみやこ」 概要

丹後王国は、地元企業や生産者とともに、2015年に道の駅をリニューアルオープンし、地域食材の販売のほか、園内に設けたレストランやカフェで“丹後の食”を提供しています。また、地域観光のゲートウェイ機能として、国内外で丹後地域の様々な魅力を情報発信しているほか、「地域商社」として、地元で採れた農産物や加工品などの販路を開拓しています。2016年には、国土交通省が選定する「重点道の駅」に選ばれました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/16751/653/resize/d16751-653-916642-0.jpg ]

場所:
京都府京丹後市弥栄町鳥取123

URL:
https://tango-kingdom.com

営業時間:
開園時間9時00分~21時00分
(12月~2月の冬季は変更有)

定休日:
火曜日
※飲食店・販売所の営業時間・定休日は各店舗で異なる
※臨時休業を除き、ホテル丹後王国は運営

入園料:
無料

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング