照明・空間・セキュリティー パナソニックが提案する最新ソリューション【動画ニュース】

PR TIMES / 2013年4月17日 12時43分



2013年3月5日~8日まで、東京ビッグサイトで開催された「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」。その中の3つの展示会に出展した、パナソニックブースの様子を捉えた動画をご紹介します。照明が実現する光の質にポイントを絞って最新製品や技術を紹介したライティング・フェア 2013。住む人や店舗に合わせた自由な空間づくりの提案「Archi-specアーキ・スペック」を紹介した建築・建材展 2013。パナソニックならではのプラスワン提案により新しい価値を提供するセキュリティーソリューションを紹介したSECURITY SHOW 2013。各業界のプロが集まる展示会で、パナソニックが提案したビジネスソリューションの数々をご覧ください。


▼光の質を追求|ライティング・フェア2013 Vol.1(3分20秒)
http://youtu.be/aA7X0QE64Vw


▼あかりで豊かなくらしを|ライティング・フェア2013 Vol.2(2分28秒)
http://youtu.be/in108JF4IPM


▼パナソニックの空間提案|建築・建材展2013 Vol.1
http://youtu.be/VPAMnMe9fDw


▼HIKIDOの世界|建築・建材展2013 Vol.2
http://youtu.be/Y9-Tw6i3Aqw


▼安心・安全にプラスワン|SECURITY SHOW 2013
http://youtu.be/DHQ2bet0pc8


【ライティングフェア2013の見どころ】
ライティング・フェア 2013でパナソニックが提案したのは、光の質のこだわり。住宅向けLEDでは、あかりを組み合わせることで心地よい空間づくりを行う「シンフォニーライティング」を提案。また、独自のLED技術を駆使し、優しくやわらかなあかり空間をつくる「面発光LED照明 パネルミナ」を発表しました。非住宅空間では、照らすモノや場所にふさわしい光をつくり出す店舗・屋外向けLEDスペクトル制御技術を紹介。さらに、次世代への提案として、有機EL照明モジュール「ELeaf」やあかりで情報を伝える独自の可視光通信を提案しました。未来に向かって進化しつづける、パナソニックの照明技術。その最先端をご覧いただける動画です。


【建築・建材展2013の見どころ】

建築・建材展2013では、パナソニックならではの空間提案として「Archi-spec アーキスペック」を中心に紹介しています。「HIKIDO」は、間取りを自由に変えられる動く壁。リフォームをしなくても間取りを自由に変えられるフレキシブルな住まいを実現します。「YUKA」は、ムクの表情を再現した床材。天然木では希少な広幅柄を採用するとともに、キズや汚れに強い高性能が特徴です。「SHUNOU」は、自由な演出が可能な収納。耐荷重40kgの強さで本なども安心して置けるうえ、LED照明を組み込めば上質な空間を演出できます。会場では実際のリビングを再現したセットで、「Archi-spec アーキスペック」の魅力を紹介しました。本動画でぜひご覧になってください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング