【生きづらいのは『脳』のせい!?】ドクター苫米地の最新刊『脳の呪縛を解く方法』が発売!!

PR TIMES / 2014年5月16日 11時7分

中経出版ブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA(東京都千代田区)は、認知科学者/カーネギーメロン大学博士・苫米地英人氏の新刊『脳の呪縛を解く方法』を刊行しました。なぜか不自由を選んでしまう脳の仕組みを徹底解明した一冊です。




【豊かな国・日本は、なぜ「生きづらい」のか?】


「働くのがつらい。いつも忙しくて余裕がない」
「労働時間は増えているのに収入が上がらない」
「本当にやりたい仕事が見つからない」
「LINEやフェイスブックを使うと疲れる」

そんなことを感じている人は、意外に多いのではないだろうか?

アベノミクスによる株価上昇や企業の増益増収など、
賑やかなニュースが聞こえてくる昨今、それにもかかわらず、
なぜかこの国には、言葉にはできない生きづらさや窮屈さ、
先が見えない雰囲気が蔓延している。


【なぜ、あえて不自由を選択するのか?】


いま、多くの日本人が「生きづらさ」を感じているのには理由がある。

それは人々が「不自由を選択している」からだ。
いや、より正確に言えば、「不自由を選択させられている」――これが真実だ。

なぜ、そんなことが起こるのか?
理由は単純明快。
――「人の脳はそうできているから」

脳は自分で自分を縛りつける力を生得的に持っていて、
あなたに不自由を選択させている。

「自由に選択できる」
「嫌なら逃げられる」

心ではそうわかっていても逃げられないのだ。

フランスの哲学者ミシェル・フーコーが『監獄の誕生』で言及しているように、
人はたとえ物理的制限がなくても、
「誰かに見られているかもしれない」と思えば、行動が抑制される。
これを「バイオパワー」という。


【「呪縛」はさらに広がりつつある】


こうした不自由は外部的な要因によってもますます拡大している。

たとえば、近年急速に拡大したソーシャルメディア。
これによる監視構造はどんどん強化されている。

また、国家や既存大手メディアによる監視も見過ごせない。
特定秘密保護法の成立は、それを象徴する最もわかりやすい事例だ。
今後も続々とあらゆる国家による監視システムがつくられ続けていくだろう。

こういった外的な監視システムが強化されていくことで、
人類が生得的に持つ脳のバイオパワーがさらに冗長させられる。
こうして「人々が不自由を選ばされる状況」に拍車がかかっていく。

---

学校で自殺者が出れば「逃げればよかったじゃないか」と思うだろう。
ブラック企業なんて「辞めればいいじゃないか」と思うだろう。
カルト宗教にハマった人には「絶対やめたほうがいいのに」と思うだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング