省施工になった天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」、16.5m2(10畳)タイプ FY-16Sを発売

PR TIMES / 2013年5月16日 14時34分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、独自の水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」を搭載し、お部屋の気になるニオイを脱臭する天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」の16.5m2(10畳)タイプFY-16Sを6月1日より発売します。

本製品は、2012年4月に発売しました10m2(6畳)タイプのFY-10Sが好評をいただいており、住宅だけでなくホテルや飲食店舗、高齢者施設など非住宅分野のニオイ対策としてのお引き合いを多数いただいたことから、より広い空間に対応するために開発しました。
既発売のFY-10S同様、エコソリューションズ社独自の「ナノイー」技術により タバコ臭、体臭、ペット臭など室内に付着した気になるニオイを脱臭します。低消費電力、薄形コンパクト設計の天井埋込形なので場所をとらずインテリアにすっきり収まります。加えて本製品は、本体にスイッチがついているので壁内配線工事が困難な既設空間への取り付けもより簡単、複数台運転も別売スイッチ1台で最大14台可能となり、より省施工となりました。ナノイー発生ユニット2個搭載することによる広さへの対応と施工面でお客さまのご要望にお応えしました。

▼5月16日リリース「16.5m2(10畳)タイプ FY-16Sを発売」
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/05/jn130516-2/jn130516-2.html

■特長
1.「ナノイー」で気になるニオイを脱臭
2.インテリアすっきり、低消費電力と省メンテナンスで経済的
3.本体スイッチ付なので壁内配線が困難な場所でも設置可能


※1:
○試験機関:パナソニック エコシステムズ株式会社 
○試験方法:10畳の実験室においてFY-16Sを8時間運転後、6段階臭気強度表示法による検証 
○対象:付着したタバコ臭、付着したノネナール、付着したトリメチルアミン 
○試験結果:8時間後、臭気強度1低減(自然減衰との差)。臭気強度が1下がるとは90%の低減を意味します。脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。また、タバコに含まれる有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分はすべて除去できるわけではありません。


【品名】天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」
【品番】FY-16S
【希望小売価格(税込)】38,430円(税込・工事費別)
【発売日】2013年6月1日
【販売目標】20,000台/年(2013年度)・40,000台/年(2014年度)


■ お問合せ先
https://sec.panasonic.co.jp/es/peses/support/goiken.html

■ パナソニック エコシステムズ株式会社
http://panasonic.co.jp/es/peses/
パナソニックグループの中で、空気清浄機や除湿機、換気送風機器など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ分野」と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング分野」で、「人と地球に優しい環境」の実現を目指して事業を進めています。


▼天井埋込形ナノイー発生機 「エアイー」
http://panasonic.jp/kanki/nanoe/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング