大分ケーブルテレコムが「OITAサイクルフェス!!!2018」のプレゼンティングスポンサーとして協賛決定

PR TIMES / 2018年8月23日 11時1分

「J:COM presents OITAサイクルフェス!!!2018」大分市内で10月13日(土)、14日(日)開催

大分ケーブルテレコム株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:中谷 博之)は、2018年10月13日(土)、14日(日)の2日間、大分市で開催される「OITAサイクルフェス!!!2018」(以下、OITAサイクルフェス)にプレゼンティング(冠)スポンサーとして協賛することを決定いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7676/705/resize/d7676-705-142475-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/7676/705/resize/d7676-705-430102-1.jpg ]

   <「OITAサイクルフェス!!!」>
   ※昨年の様子

「OITAサイクルフェス」は、「自転車が似合うまち おおいた」を全国に発信し、自転車ロードレースだけでなく、自転車にまつわる多彩なコンテンツが楽しめる複合サイクルイベントとして2014年から開催されており、毎年約5万人の来場者が訪れます。昨年まではJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)が主催する自転車ロードレース「Jプロツアー」として開催されていましたが、2018年から大分初となるUCI(国際自転車競技連合)公認の国際大会として規模を拡大し、新たなスタートを切ります。ロードレースやサイクルツーリズムなど、自転車の魅力を通じて地域の活性化を目指す大会の想いと「夢と感動をお届けし、豊かな地域・社会の実現に貢献する」という大分ケーブルテレコムの企業理念が合致したことから、このたび協賛する運びとなりました。

大分ケーブルテレコムは、大分県下11自治体でケーブルテレビ、インターネット、固定電話、モバイル等を提供しているケーブルテレビ事業会社で、業界最大手である株式会社ジュピターテレコム(J:COM)のグループ会社として、高品質な情報・エンターテインメントの提供を通じ、地域社会の発展に寄与することを目指しております。J:COMは、埼玉県さいたま市で行われる「J:COM presentsツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を2015年からプレゼンティング(冠)スポンサーとして、盛り上げてまいりました。「さいたまクリテリウム」同様、「OITAサイクルフェス」で繰り広げられるレースの迫力や魅力を、J:COMグループを挙げて発信し、大会と地域社会のますますの発展に努めてまいります。

<大会概要>
◆大会名称
「J:COM presents OITAサイクルフェス!!!2018」

◆主催
OITAサイクルフェス実行委員会、大分市、一般社団法人おおいたスポーツマネジメント

◆主管
公益社団法人日本自転車競技連盟、大分県自転車競技連盟、大分市自転車競技連盟

◆開催日時・内容・会場
*「おおいた いこいの道クリテリウム」
10月13日(土) 8:30~16:00
大分市金池南一丁目5番1号地先 大分いこいの道周辺
大分いこいの道周辺特設コース(周回/1km時計回り)

*「おおいた アーバンクラシック」
10月14日(日) 8:00~13:00
大分市大字横尾1351番地 大分スポーツ公園周辺
大分スポーツ公園周辺特設コース(周回/10km時計回り)

[同時開催]
「サイクルフェス!!! HIROBA」
10月13日(土)・10月14日(日) 10:00~17:00
大分市金池南一丁目5番1号地先 大分いこいの道 芝生広場

◆ホームページ
http://www.oita-cyclefes.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング