デジタルハリウッド大学公開講座:メイキングオブ「寫眞館&陽なたのアオシグレ」

PR TIMES / 2014年1月7日 14時5分

~映画「寫眞館」なかむらたかし監督と「陽なたのアオシグレ」石田祐康監督による公開講座~

デジタルハリウッド大学では2014年第一弾として、昨年11月、同時上映として劇場公開された映画「寫眞館」と「陽なたのアオシグレ」のなかむらたかし監督、石田祐康監督をお招きし、公開講座を開催します。
本2作品は第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 審査委員会推薦作品に選出され、追加上映も決定している、今話題のアニメ短編作品です。
本講座では、『AKIRA』の作画監督で知られる なかむらたかし監督と、学生時代に制作した『フミコの告白』が多数の賞を受賞した経歴を持ち、これが商業作品デビューとなる石田祐康監督、キャリアも違えば作品のスタイルも違うお二人に、今回同時上映となった背景や両短編作品に関わる事になった経緯、作画演出が実際どのように進められたのかについてお聞きします。
参加は無料です、どなたでもご参加いただけます。




 ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学では、2013年11月、同時上映として劇場公開された映画「寫眞館」と「陽なたのアオシグレ」のなかむらたかし監督、石田祐康監督をお招きして、公開講座を開催いたします。
 こちらの2作品は第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 審査委員会推薦作品に選出され、追加上映も決定している、今話題のアニメ短編作品です。
 本講座では、『AKIRA』の作画監督で知られる なかむらたかし監督と、学生時代に制作した『フミコの告白』が多数の賞を受賞した経歴を持ち、これが商業作品デビューとなる石田祐康監督、キャリアも違えば作品のスタイルも違うお二人に、今回同時上映となった背景や、両短編作品に関わる事になった経緯、作画演出が実際どのように進められたのかについてお聞きします。
 殊に「陽なたのアオシグレ」ではデジタル作画を取り入れる事で、クオリティーアップやコストカットなど、多くのアドバンテージをもたらした作品として注目を集めています。
 その注目を集めている制作過程においてデジタル作画がどのように使われたのか、実際のカットを例に、監督自身のデモをご覧いただきます。
 また本講座はアニメーションの新しい表現について考え、可能性を模索するスタジオコロリドの取り組みも併せて紹介をします。
 モデレーターを務めるのは、デジタルハリウッド大学の教授であり「寫眞館」でも動画検査を務められた村田充範教員です。
 デジタルハリウッド大学の学生はもちろんのこと、一般の皆様も参加可能となっておりますのでぜひご来場ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング