デジタルハリウッド大学院・デザインビジネス開発ラボ主催「2014年デジタル関連動向予測発表会」を開催

PR TIMES / 2014年1月8日 15時39分

~2014年はデジタルビジネスの可能性が拡大している!~

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の「デザインビジネス開発ラボ」では、研究活動の一環としてデザインビジネスを切り口にした2014年の動向予測を発表する「デジタル関連動向予測発表会 ~2014年はデジタルビジネスの可能性が拡大している!~」を、1月14日(火)に開催します。
デフレからの脱却も見えてきた昨今、東京オリンピックという刺激も加わりました。
「デジタル」を中心とした状況は2014年はどう変化するのか?
そのような中、「デザイン」という言葉が戦略的に使われる傾向が高まっています。
アップル社を始めとしたコンピュータ業界や自動車業界でその動きは具体的になっています。
これは、デザインがビジネスの切り口になってきたことを表しています。
今後のITを占う重要なキーワードとは?
デジタルビジネスの可能性が広がる今、新たなビジネスを考えるヒントを発表します。




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の「デザインビジネス開発ラボ」では、研究活動の一環としてデザインビジネスを切り口にした2014年の動向予測を発表する、「デジタル関連動向予測発表会 ~2014年はデジタルビジネスの可能性が拡大している!~」を、1月14日(火)に開催いたします。
 経済の動向に刺激となる素材が複数見られるようになってきました。デフレからの脱却も見えてきました。東京オリンピックという刺激も加わりました。「デジタル」を中心とした状況は2014年はどう変化するのか?
 また、「デザイン」という言葉が戦略的に使われる傾向が高まっています。アップル社を始めとしたコンピュータ業界や自動車業界でその動きは具体的になっています。これは、デザインがビジネスの切り口になってきたことを表しています。
 今後のITを占う重要なキーワードとは?
 デジタルビジネスの可能性が広がる今、新たなビジネスを考えるヒントを発表します。
 デジタルハリウッド大学院デザインビジネス開発ラボでは、毎年継続をしてデジタルを中心とした動向の予測を行っています。商品開発や新規事業の立ち上げ、営業活動の活発化などに役立てていただければ幸いです。また「デザイン」を切り口としたビジネスの手法に付いて解説を行います。デザインのビジネスへの取り入れ方の概略を説明いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング