今、アメリカで話題の音楽ジャンル「EDM」とは?デヴィッド・ゲッタの大ブレイク後、急激にブーム化した「EDM」の決定版コンピレーション発売!

PR TIMES / 2012年9月26日 16時58分



今、「EDM」という音楽ジャンルが話題になっています。
これはElectronic Dance Musicの頭文字をとったもので、EDMを主軸としたアメリカの野外フェスでは40万人もの観客が集まるほどの大熱狂。音楽誌Billboardや、米Rolling Stoneの表紙に「EDM」と掲げられており、HIP HOPに続く一大ジャンルと呼ばれています。

アメリカでは80年代にデトロイト・ハウスが生まれたものの、クラブ・ミュージックがメジャーになることが難しく、ダンス・ミュージック不毛の地となっていました。アメリカのオフィシャルチャートのBillboardにはClubチャートは存在しますが、総合チャートであるTop100(シングル)、Top200(アルバム)にクラブ系アーティストやその楽曲がチャートインすることはほとんどマレ。
そんなアメリカとは打って変わって、イギリスやヨーロッパではクラブ文化が盛んで、クラブ・ミュージックのアーティストやヒット曲が生まれ続け、アメリカとのその溝は全く埋まりませんでした。

しかし「デヴィッド・ゲッタ」の登場によりこの溝は一気に埋まり、アメリカがダンス・ミュージックを再発見することに。
今や名実ともに世界No.1のDJとなったデヴィッド・ゲッタがヨーロッパやイギリスで話題となっている頃、早耳でもあるブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが楽曲制作を依頼。そこで出来た「I Gotta Feeling」は14週連続1位となる大ヒットを記録し、アメリカ中のアーティストやリスナーの間にゲッタの作るダンス・ミュージックが一気に拡散しました。

デヴィッド・ゲッタや、スウェディッシュ・ハウス・マフィア、アヴィチーといったヨーロッパDJ達が、アメリカのR&B、HIP HOPのアーティストのプロデュースとして迎えられ、ロラパルーザといったロックフェスでもヘッドラインを務めるほどの人気となり、ヨーロッパ系のDJ達や、彼らが作る音が一気にアメリカでも人気を獲得。いつしか彼らの作る音が新しいダンス・ミュージックとして「EDM」と呼ばれるようになったのです。

音楽的にはかなり広義なダンス・ミュージックとされていますが、ハウス、ダブステップ、テクノなどが中心となり印象的なシンセのフレーズが特徴的。そんな新ジャンルのEDMの魅力を1枚に凝縮したコンピレーション『EDM~エレクトロニック・ダンス・マッドネス』が2012年9月26日に発売となります。

EDMを代表するデヴィッド・ゲッタやスウェディッシュ・ハウス・マフィア、デッドマウスはもちろんのこと、ティエストや、ヨーロッパの国々からセブジャック、ワ―リー・ロペスといった新たな才能を音源も収録。これからのミュージック・シーンを語るには外せないEDM。新しいジャンルを代表するアーティストが収録されたコンピレーション『EDM~エレクトロニック・ダンス・マッドネス』を聞いて、この新しい音楽の波を感じてください。
■EDMについてはこちらで!
http://www.emimusic.jp/intl/edm/

■『EDM~Electronic Dance Madness~/ EDM~エレクトロニック・ダンス・マッドネス~』
2012/9/26発売 ¥2,300(tax in)  TOCP-64416
★ デヴィッド・ゲッタの大ブレイク以降急激にブーム化、アメリカにおいてもヒップホップ以来最大のユース・ムーブメントと言われてる"EDM" (Electronic Dance Music)の魅力が味わえる、決定盤的コンピレーション!
★ ageHa @ STUDIO COASTでの"EDM States"、block.fm、edmw.net等 を通じてEDMの醍醐味を伝えているTOMO HIRATAによるDJ MIX。
(収録曲)
1. デヴィッド・ゲッタ feat. ニッキー・ミナージュ / ターン・ミー・オン 
2. LMFAO / パーティー・ロック・アンセム feat. ローレン・ベネット&グーンロック 
3. ケイティ・ペリー / ワン・ザット・ゴット・アウェイ(R3hab Club Mix)
4. デッドマウス feat. ジェラルド・ウェイ / プロフェッショナル・グリーファーズ
5. ブリトニー・スピアーズ / ティル・ザ・ワールド・エンズ
6. クリス・ブラウン feat. ベニー・ベナッシ / ビューティフル・ピープル(Felix Cartal Radio Remix)
7. スウェディッシュ・ハウス・マフィア feat. ファレル / ワン(ユア・ネーム)
8. モービー / アフター(Tommy Trash Remix)
9. ハード・ロック・ソファ &スウァンキー・チューンズ / ヒア・ウィ・ゴー
10. カイリー・ミノーグ / オール・ザ・ラヴァーズ(Dada Life Remix)
11. ウェディッシュ・ハウス・マフィア / セイヴ・ザ・ワールド
12. スティーヴ・アオキ feat. リヴァース・クオモ / アースクェイキーピープル(Original Mix)
13. ティエスト / マキシマル・クレイジー(Original Mix)
14. カスケード&スクリレックス / リック・イット
15. コールドプレイ / ウォーターフォール(Coldplay vs. Swedish House Mafia)
16. マーティン・ソルヴェイグ / ザ・ナイト・アウト(Madeon remix)
17. デペッシュ・モード / フラジャイル・テンション(Laidback Luke Remix)
18. デヴィッド・ゲッタ&ニッキー・ロメロ / メトロポリス
19. ゴールドフラップ / アライヴ(Arno Cost Remix)
20. リリー・アレン / ノット・フェア(Far Too Loud Electro Radio Edit)
21. ザ・テンパー・トラップ / トレンブリング・ハンズ(Benny Benassi Remix)
22. アヴィーチー / レベルズ


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング