映画「ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー3D」舞台挨拶にケイティ本人が登場!「日本に来れて、本当にうれしい!」

PR TIMES / 2012年9月27日 9時21分



今やアメリカを代表するポップ・スターとなったケイティ・ペリー。2010年全米シングル・チャート5週連続1位の「カリフォルニア・ガールズ」をリードに発売されたセカンド・アルバム『ティーンエイジ・ドリーム』は、全米&全英アルバム・チャートで1位、日本もオリコン洋楽ランキング1位を記録。同アルバムより計6曲の全米ビルボード・ポップ・チャート1位を送り出し、全米チャート史上初となる大記録を成し遂げました。

そんなケイティの素顔に迫るドキュメンタリー映画「ケイティ・ペリー パート・オブ・ミー3D」が遂に日本上陸。9月25日(火)、一般公開に先がけTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたプレミア上映会にケイティ・ペリー本人が来日し、舞台挨拶に登場しました。

このプレミア上映は、これまでにアメリカ、イギリス、ブラジル、オーストラリアでおこなわれてきました。今回の日本でのプレミア上映は、日本大好きなケイティの強い希望があって実現したものです。

会場に登場したケイティは、満員のファンで埋め尽くされた場内を一回りし、ファンと交流。観客を沸かせるとそのままステージへ。興奮冷めやらぬ約640人のファンを前に舞台挨拶を行いました。17歳の時に日本に訪れて以来、日本が大好きだというケイティは「日本はすべてが可愛いの!キュートなものがたくさん揃っているんだもの!だから今回日本に来れて、本当にうれしいし、またツアーで日本に来るわ!」と日本に対する思いを語ってくれました。
そして今では世界的スーパースターになった成功の秘訣は「普通でいることよ。自分がスーパースターになっただなんて思ってないわ。私は皆と変わらない、普通の女の子なのよ」と語っていました。
映画『ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー3D』は今やアメリカを代表するポップ・アイコンとなったケイティ・ペリーのワールド・ツアーに密着したドキュメンタリー。撮影に際し、「一切、撮影禁止にしなかったわ」とケイティ本人も語っている通り、彼女の人生を何もかも包み隠さず映像化することを重要視し、個人的なトラブルまでもがカメラに収められた本作には、栄光と挫折、光と影の部分が克明に記録されています。
ステージ上はもちろんのこと、楽屋裏やプライベートに至るまで、楽しくてグラマラスで、切ないけど元気をくれて、クレイジーでマジカルで情熱的なケイティ・ペリーの素顔に迫る、迫力満点の3D映画。日本での一般公開は2012年9月29日(土)、東京・大阪他、全国21館で上映予定です。ぜひ、お楽しみください!

--------------------------------
◆映画『ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー3D』
2012年9月29日(土)公開  10月5日(金)まで(予定)
東京・大阪 他 全国21館上映予定
運営:(株)EMIミュージック・ジャパン、(株)ウドー音楽事務所、ぴあ(株)
配給:カルチャヴィル合同会社
協力:パラマウント ジャパン(株)
[主演]:ケイティ・ペリー
[監督]:ジェーン・リップシッツ、ダン・カットフォース(『ジャスティン・ビーバー: ネヴァー・セイ・ネヴァー』)

◆ケイティ・ペリー『ティーンエイジ・ドリーム ~コンプリート・コンフェクション~』
好評発売中
スペシャルプライス1,980円(税込) TOCP-71194

--------------------------------
◆ケイティ・ペリー 日本公式サイト
http://emij.jp/kp/ (PC・携帯)

◆映画「ケイティ・ペリー パート・オブ・ミー 3D」日本公式サイト(PC/携帯共通)
http://emij.jp/partofme/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング