国内最大規模のカメラのイベント“CP+” カシオ計算機ブースのトークショーに杉山知之が登壇!

PR TIMES / 2014年2月6日 15時59分

~杉山と川井拓也氏(ヒマナイヌ代表)が「クリエイティブフォトのススメ」をテーマにトークショーを開催~

デジタルハリウッドの学長である杉山知之が、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」の会場内で行われる、カシオ計算機株式会社主催のトークショーに登壇することが決定しました。
トークショーは、2月16日(日)14:25よりカシオ計算機ブースにて開催されます。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社では、デジタルハリウッドの学長である杉山知之が、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」の会場内で行われる、カシオ計算機株式会社主催のトークショーに登壇することが決定しましたのでご案内いたします。

 トークショーは、2月16日(日)14:25よりカシオ計算機ブースにて開催されます。
 
 カメラはシャッターを押すだけで表現ができる「簡単」かつ「奥が深い」クリエイティブツール。クリエイターにとって必須のスキルとなってきています。クリエイターにとって感性を刺激されるカメラとはどんなカメラなのか?ライブメディアコーディネーターとして活躍する(株)ヒマナイヌ代表取締役社長“川井拓也氏”をパートナーとして迎え、カシオのエクシリム「EX-10」で事前に撮影した写真をお互いに講評しながら、まだまだ潜んでいる新たな写真の楽しさや面白さと、「EX-10」の可能性について、クリエイティブな視点から語ります。


●「CP+」とは
カメラと写真の総合展示会。「より楽しく、より美しく。
進化するフォトイメージングテクノロジー」をテーマに開催される国内最大規模の展示会。
http://www.cpplus.jp/

 デジタルハリウッド株式会社は、動画でカメラや写真について学べる無料のWebサービス『カメラの学校』を運営。(http://www.camegaku.com/
 カメラを通してクリエイティブの楽しさを多くの人に伝え、クリエイティブへの好奇心を持って自分らしく学びを楽しむライフスタイルを提案してまいります。

■トークショー開催概要

日時:2014年2月16日(日)14時25分~14時45分会場:CP+会場(パシフィコ横浜)内 カシオ計算機ブース
   横浜市西区みなとみらい1-1-1
主催:カシオ計算機株式会社
イベント詳細:http://casio.jp/dc/sp/cpp2014/
*「CP+」のサイトより事前登録をおこなっていただきますと無料でご入場いただけます。
  http://www.cpplus.jp/

■杉山知之 プロフィール
デジタルハリウッド大学 学長
日本大学理工学部建築学科卒業、大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手となり、
コンピューターシミュレーションによる建築音響設計を手がける。
MITメディア・ラボ客員研究員、国際メディア研究財団準備事務所・主任研究員、
日本大学短期大学専任講師を経てデジタルハリウッドを設立。
現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。
著書「クール・ジャパン世界が買いたがる日本」(祥伝社)など多数。

■川井拓也氏 プロフィール

(株)ヒマナイヌ 代表取締役社長ライブメディアコーディネーターとして企業から個人まで
映像ライブ配信のサポートで全国を飛び回る。
ライフログカメラや両面デジカメなどアーティストとしておもしろガジェットを発表しており
文化庁メディア芸術祭入賞も多数。
2009年には「Twitterマーケティング」を共著で出版。
2010年には日本のUST本第一号である
「USTREAM 世界を変えるネット生中継」を初の単著として上梓した。
ストリームディレクターとして大手企業イベント、広告からセミナー、
地域イベント、報道関係まで多分野の中継を担当。
主な著書に「SNSビジネスガイド」など。

■『カメラの学校』 http://www.camegaku.com/

「カメラの学校」とは、2012年10月にスタートをした、
スマートフォンからコンパクトデジタルカメラ、一眼カメラ、
トイカメラまで、写真の撮り方をストーリー仕立ての3分動画で楽しく学べる
無料のWebサービスです。
動画で学ぶため分かりやすく、基本のテクニックからシチュエーション別撮影ポイントまで、
レクチャー内容が充実しています。
閲覧は無料で、アプリ情報や楽しいコンテンツも満載です。

■カシオ計算機株式会社

ハイスピードテクノロジーという独自の技術を創造し、
高速連写や連写合成など、カメラの枠にとらわれない自由な発想と独自の技術で進化をしてきた。
EXILIM(エクシリム)EX-10 / EX-100ではプレミアムブラケティングという新たな価値を創造している。

◇「カメラの学校」に関するお問合せ◇
下記アドレスまでご連絡ください。
camegaku@dhw.co.jp (担当:田村)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング