【ホテル日航熊本】8月26日「ホテル日航熊本で楽しむ真夏の『粋』、納涼怪談」を開催。

PR TIMES / 2014年6月13日 17時7分

人間国宝、一龍斎貞水による立体怪談をお楽しみください。

ホテル日航熊本(熊本市中央区上通町 社長:田川憲生、総支配人:熊井潤二)は、初めての怪談イベントを開催いたします。




講談界初の人間国宝、一龍斎貞水(いちりゅうさい ていすい)氏を迎え、「怪談の貞水」と呼ばれる圧巻の話芸をおおくりいたします。
ホテル日航熊本の誇る音響照明演出との相乗効果で特殊演出を加えた「立体怪談」、が、一層臨場感あるものに。
日本の夏の風物詩、「怪談」を心ゆくまでお楽しみください。


【人間国宝・一龍斎貞水】ホテル日航熊本で楽しむ真夏の『粋』、納涼怪談

○日時:2014年8月26日(火) 受付・18:30~/お食事・19:00~/怪談・20:00~21:30
○演者:人間国宝 一龍斎貞水(いちりゅうさい ていすい) /前座:一龍斎貞友
○演目:「四谷怪談 お岩誕生」
○料金:●宴会場でのお食事(日本料理「弁慶」松花堂弁当)つき 10,000円
  ●レストラン(セリーナまたは桃李)でのお食事つき 9,000円
  ●怪談のみ 5,000円(受付19:30~)
   ※レストランのお食事は8/1~8/31の期間中ご利用いただけます。
   ※料金には、税金・サービス料を含みます。
   ※席数限定のため、定員になり次第締め切らせていただきます。
   ※未就学児の入場はお断りいたします。
○発売:6月16日(月)より、ホテル日航熊本イベント係 TEL096-211-1184
   ※「宴会場でのお食事つき」「怪談のみ」チケットはホームページからも申し込みできます。

詳しくはホームページをご覧ください http://www.nikko-kumamoto.co.jp

【一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい)】
講談協会会長。重要無形文化財保持者(人間国宝)。
1955年、先代一龍斎貞丈に入門。
66年、真打ち昇進、六代目一龍斎貞水を襲名。
75年、芸術祭優秀賞、76年、放送演芸大賞講談部門賞、
99年、第13回下町庶民文化賞を受賞。
2002年、講談界初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。


【ホテル日航熊本について】
名将加藤清正公が熊本城を築いて以来、独自の文化を育んできた城下町、熊本。「森の都」と称えられたほど名水と美しい緑に彩られたこの街に、ホテル日航熊本は誕生しました。あなたの「満足」や「暮らし」に一番近いホテルでありたい、そんな願いを込めて世界でただひとつの個性と価値を持った“Only One”のホテル。市の中心部、官庁街や熊本城、ショッピング街にも徒歩圏内という絶好のロケーションでありながら、一歩足を踏み入れると街の喧騒から離れたゆっくりと贅沢なひとときをお過ごしいただけます。「木」の持つ温かさをふんだんに寛ぎと安らぎにこだわったロビーには、邸宅でのおもてなしを感じさせる「暖炉」を配し皆様をお出迎えいたします。
○ 所在地:〒860-8536 熊本市中央区上通町2-1
○ 電話:096-211-1111(代表)
○ アクセス:熊本空港よりタクシーで約35分。JR熊本駅からタクシーで約10分。車で熊本ICより約30分。
○ ホームページ http://www.nikko-kumamoto.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング