【ホテルオークラ神戸】糖尿病の予防・対策を啓発する「世界糖尿病デー イン 兵庫 ブルーライトアップ」に協力

PR TIMES / 2016年11月11日 16時15分

ホテルオークラ神戸のホテルトップライトをブルーにライトアップ

ホテルオークラ神戸(所在地:神戸市中央区、代表取締役社長:小川矩良)は、11月14日(月)の国際糖尿病連合(IDF)および世界保健機関(WHO)が定めた「世界糖尿病デー」に合わせ、11月14日(月)~15日(火)までホテルタワー棟のトップライトを青色にするブルーライトアップを実施いたします。



世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定。現在では、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっています。全世界では、この日を中心に糖尿病の脅威を啓発するイベントやキャンペーンが開催され、日本でも糖尿病の予防と治療に対する啓発のために、糖尿病啓発のシンボルカラーにライトアップする「ブルーライトアップ」が実施されます。兵庫県内では、当ホテルのほか、神戸ポートタワーや明石海峡大橋、姫路城などがライトアップを実施いたします。
詳細は以下の通り。
[画像: http://prtimes.jp/i/5118/728/resize/d5118-728-831056-0.jpg ]

■ホテルオークラ神戸「世界糖尿病デーイン兵庫」 ブルーライトアップ
日時/11月14日(月)~15日(火) 6:00p.m.~11:30p.m.頃
点灯場所/ホテルオークラ神戸 タワートップ
「Hotel Okura」のロゴを青色にライトアップいたします。

【ホテルオークラ神戸について】
神戸のウォーターフロント、メリケンパークに立つランドマークホテル。北側の客室からは六甲の山並みと神戸の街並みを、南側からは神戸港や神戸空港、そして関西国際空港の景色を、東側からは大阪・和歌山へと続く光あふれる街並みを、西側からは神戸のシンボルである神戸ポートタワーとハーバーランドの眺めをお愉しみいただけます。館内の各レストランでは、「食のオークラ」とも呼ばれるホテルオークラ自慢の料理をお愉しみいただけます。
〒650-8560 神戸市中央区波止場町2-1
TEL.078-333-0111(代表)
アクセス:JR・阪神「元町」駅より徒歩10分、各線「三宮」駅よりシャトルバス運行(土・日曜日、祝日は新幹線「新神戸」駅を経由)
WEBサイトURL: http://www.kobe.hotelokura.co.jp/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング