箱根登山電車の全線運転再開を記念して8月「赤い1000形車両」を小田急全線で運転します

PR TIMES / 2020年7月14日 19時40分

~車内では箱根の美しい風景写真やBGMなどをお楽しみいただけます~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、令和元年東日本台風による被害のため一部区間で運転を見合わせていた箱根登山電車の全線での運転再開を記念して、2020年8月1日(土)から8月31日(月)の間、主に箱根登山線内(小田原~箱根湯本間)で走行する「赤い1000形車両」を小田急全線で特別に運行します。



[画像: https://prtimes.jp/i/12974/729/resize/d12974-729-973946-0.jpg ]

本企画は、新宿側に4両編成の赤い電車、小田原側に6両編成の1000形通勤車両を連結した10両編成で、小田原線・江ノ島線・多摩線の全線を走行することによって、箱根登山電車の全線運転再開を沿線の皆さまにお知らせするものです。4両編成の車内は、箱根の美しい風景写真を掲出するとともに、二次元バーコードを読み取ることで、箱根の四季折々の風景を動画でお楽しみいただけます。また、通常は、小田原駅や箱根湯本駅の停車中に流している箱根ゴールデンコース60周年を記念して制作したオリジナルテーマ曲「HAKONECTION(ハコネクション)」の車内BGMを、日中の新宿駅停車中や走行中にも放送いたします。
※BGMが流れない場合があります。また、BGMは6両編成でも流れます

赤い1000形車両の赤色は、箱根登山電車1000形、2000形と同色です。スイス・レーティッシュ鉄道のベルニナ急行に使用されているものを同社と姉妹鉄道提携を結んでいる箱根登山鉄道株式会社が使用しているもので、2009年3月から主に箱根登山線内に乗り入れる車両として運行しています。赤い1000形車両を都内や江ノ島線、多摩線で定期運行するのは初めてであり、小田急線をご利用いただくお客さまに、箱根の魅力をお届けします。

赤い1000形車両の運転の詳細については下記のとおりです。



1 運転日
2020年8月1日(土)~8月31日(月)
※車両点検等のため走行しない日があります

2 編成
赤い1000形4両+シルバーの1000形6両による10両
1編成

3 ポスター
箱根の美しい風景など四季折々の箱根登山電車や観光名所を掲示し、添付の二次元バーコードを読み込むことで動画も楽しめます

4 BGM
箱根ゴールデンコースオリジナルテーマ曲
「HAKONECTION(ハコネクション)」
日中時間帯、新宿駅停車中や走行中に放送します(当社線運行状況を踏まえて実施)
(参考)「HAKONECTION(ハコネクション)」について
箱根ゴールデンコース60周年を記念して制作されたオリジナルテーマ曲。コンセプトは箱根の風景と旅の思い出を音でつなぐ「Connect(コネクト)」です。特急ロマンスカー・GSEや箱根の乗り物、駅、港にBGMとして導入され、箱根エリア合計11か所で流れています。メインテーマ1曲とアレンジ31曲の合計32曲で構成。出発や到着などのシーンごとに、駅、港では朝・昼・夜のイメージにアレンジし、時間経過とともに変化する音楽が楽しめます。歴史ある箱根の雰囲気に寄り添う音楽で、旅の思い出をより一層引き立てます。
メインテーマ曲とイメージ動画は「箱根ナビ」でご覧いただけます。
https://www.hakonenavi.jp/feature/13167

5 お問い合わせ
小田急お客さまセンター
電話:044-299-8200
(9:00~19:00 年中無休)

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング