<JAXA×デジタルハリウッド>人工衛星が宇宙で行うミッションをデジタルハリウッドの学生がインタラクティブコンテンツで表現

PR TIMES / 2014年2月18日 14時44分

~2/20(木)JAXA交流スペースに展示(御茶ノ水ソラシティB1F)~

デジタルハリウッドでは、産学協同プログラムOJTの一環で宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一衛星利用 ミッション本部と協力し、人工衛星『全球降水観測計画/二周波降水レーダ』(GPM/DPR ジーピーエム/ディーピーアール)の活動内容や、社会的意義を伝える展示作品を「本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻」の受講生が制作しJAXAの受付・交流スペースに展示いたします。



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド(専門スクール)]では、産学協同プログラムOJTの一環で宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一衛星利用 ミッション本部と協力し、人工衛星『全球降水観測計画/二周波降水レーダ』(GPM/DPR ジーピーエム/ディーピーアール)の活動内容や、社会的意義を伝える展示作品を「本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻」の受講生が制作しJAXAの受付・交流スペースに展示いたします。

 一昨年「はやぶさ」によって注目を浴びたJAXAですが、「はやぶさ」以外にも多くの探査機や人工衛星が宇宙へと送り出され、私たちの暮らしに役立っています。今回はそのなかでも雨・雪というという身近なものを計測する人工衛星GPM/DPRに注目し、どのような役割を担って宇宙へ行き、活躍しているのかを伝えるインタラクティブコンテンツの制作を企画。

 本コースの学習カリキュラムの軸であるプロジェクションマッピングやソーシャルメディアを駆使した新しいプロモーション手法によって様々な年齢層の方に人工衛星GPM/DPRの持つ機能、役割を身近にご体感いただけます。

■展示概要
展示日:2月20日(木)9:00~18:00
会 場:御茶ノ水ソラシティ 地下1階 JAXA交流スペース

■GPM/DPRとは
http://www.satnavi.jaxa.jp/gpmdpr_special/
2月28日(金)打ち上げ予定のJAXAとNASAが共同開発の人工衛星 GPM主衛星には、日本が開発した最先端の二周波降水レーダ(DPR: Dual-frequency Precipitation Radar)が搭載されています。
DPRは、小雨から豪雨までを観測するとともに、まるで雨雲をスキャンするように、雨雲を立体的に観測することができます。地球全体の降雨を観測することによって、水資源の管理、天気予報の精度向上、洪水警報システムの改善、異常気象の解明など、水に関わる様々な分野での活躍が期待されています。
NASAとJAXAが中心になり、世界中のパートナーが力を合わせて世界中に降る雨を、宇宙から見極めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング