マンション用インターホンシステムと自動火災報知設備を統合、マンションHAシステム「Dシリーズ用マンションHA統合盤」新発売

PR TIMES / 2013年6月12日 13時55分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、1998年にマンションHAシステム(※1)「Nシリーズ(※2)用マンションHA統合盤(※3)」を発売して以来、優れた施工性やメンテナンス性でご好評をいただいています。このたび、新たなラインアップとして、Windea(ウィンディア)(※4)に対応する「Dシリーズ(※5)用マンションHA統合盤」を2013年11月21日より発売します。

▼マンションHAシステム
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/ha/mansion_ha/
▼2013年6月12日リリース マンションHAシステム「Dシリーズ用マンションHA統合盤」新発売
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/06/jn130612-2/jn130612-2.html

統合盤を導入することで、マンションHAシステムの「制御装置」「管理事務室親機」と自動火災報知設備(以下、自火報)の「受信機」「防災アンプ」が1台に集約され、省配線と省施工を実現します。
また、消防点検の際は、統合盤から各住戸内の火災感知器やインターホンの遠隔試験ができ、メンテナンスの手間も軽減されます(※6)。さらに、本製品では、5.0型タッチパネル式液晶モニターを搭載しているため、管理人室への来訪者を確認したり、火災やガス漏れなどの警報をモニターで確認できます。

マンションHAと自火報、それぞれで実績を持つパナソニックの強みを生かし、商品力・提案力の両面で差別化を図り、本製品を含めた幅広いラインアップで、集合住宅市場におけるさらなる事業拡大を図ります。

【品名】マンションHAシステム 「Dシリーズ用マンションHA統合盤」
【品番・希望小売価格(税込)】
 自火報 10回線 VGDT4121 1,732,500円
 自火報 20回線 VGDT4222 1,995,000円
 自火報 30回線 VGDT4223 2,310,000円
【発売日】2013年11月21日
【販売目標】500台/年(2014年度)


■特長
1.「省配線・省施工」 マンションHAと自火報の配線や機器を統合
2.「省メンテナンス」 マンションHA統合盤で住戸内の火災感知器とインターホンの遠隔試験が可能(※6)
3.「5.0型タッチパネル式液晶モニター搭載」 来客映像や火災などの各種警報が確認可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング