子育て世代に大人気の育児ブランドを取り扱う「ダッドウェイ」がスーパーデリバリーで卸販売を開始!

PR TIMES / 2014年6月16日 13時43分

2014年6月16日、株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方功) が運営する卸サイト「スーパーデリバリー( http://www.superdelivery.com/ )」に、ベビー用品、キッズアパレル、ペット用品で人気の株式会社ダッドウェイ(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長: 白鳥 公彦、以下ダッドウェイ)が出展し、卸販売を開始いたしました。



ベビー用品からキッズアパレル、ペット用品を企画・輸入販売しているダッドウェイは「お父さんの子育てをもっとおもしろ楽しくしたい!ペットとのふれあいをもっとおもしろ楽しくしたい!」というコンセプトを掲げ、世界各国から選りすぐった商品を扱っています。特にベビー用品に関しては20年以上前から「父親の育児の楽しさ」を提唱してきました。近年、父親の育児参加が急速に進んでいる影響もあり、子供用品や玩具用品を扱う小売業界から、ダッドウェイの商品が持つカラフルで楽しい世界観への注目と人気が高まっています。

スーパーデリバリーでも以前から会員小売店より、ダッドウェイの商品を求める声が数多く寄せられていました。普段使いからギフトまで多様なシーンで提案できる商品は、玩具店や子供用品店以外にも雑貨を扱う小売店などからも要望があり、ジャンルの枠を超えた人気商品としてサイト上での取り扱いを検討していました。

一方でダッドウェイ側も「既存販路のベビー・キッズ専門店以外にも同社が取扱う商品を知ってほしい」という思いと、販路開拓をする上でのブランドイメージの保守という点において、スーパーデリバリーがもつマーケットの特性とマッチすることから、今回の出展へと至りました。

スーパーデリバリーとしては、ダッドウェイの商品を取り扱うことにより、サイトを利用する会員小売店に対する付加価値が高まると考えています。

■販売予定ブランドの紹介

・Sassy(サッシー)

1981年の創業以来、全世界の赤ちゃんに愛され続けています。視覚や聴覚などを刺激して、子どもの成長に必要不可欠な能力を遊びながら発達させ、引き上げることをコンセプトに研究・開発しています。

・Nuby(ヌービー)

世界でもトップクラスの生産量を誇るLuvn'care社のヌービー。充実した機能、手ごろな価格、そしてすぐれたデザイン性など、高水準の安全性と品質を追及したアメリカ生まれのグローバルブランドです。

・Solby(ソルビィ)

家族みんなのキラキラ輝く笑顔のために。そんな願いをこめたダッドウェイのオリジナルブランドです。

・K's Kids(ケーズキッズ)

乳幼児のために特別開発された知育玩具ブランド。世界67カ以上で愛され、80以上もの著名な賞を受賞しています。日本の保育や幼児教育のプロも認める品質です。

・ADAGIO LANE(アダージオレーン)

元・バレリーナの創業者が生んだ、すべてのママに送るマルチウェイ ナーシングスカーフ。ファッションアイテムとして授乳用として使え、通気性が良く、ベビーの熱がこもりにくいスカーフです。


スーパーデリバリーでの販売ページ: http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/204308/

【株式会社ダッドウェイ】
設立:1992年10月
事業内容 :ベビー用品、玩具、スポーツ用品、アウトドア用品、ペット用品等の企画、開発ならびに輸入、製造、販売
所在地 :神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目15番地12
代表者名 :代表取締役社長 白鳥 公彦


■スーパーデリバリー
http://www.superdelivery.com/
「スーパーデリバリー」はファッション&雑貨の卸・仕入れサイトです。2002年2月から運営を開始。商品掲載数は約40万点。メーカーにとっては、地域を超えた全国40441店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては948社の出展企業とインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能です。(数字は全て2014年4月末現在)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング