1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

電子チラシサービス「Shufoo!」、動画広告プランを拡充

PR TIMES / 2021年7月29日 11時45分

エリア別配信が手軽に実施できる「Shufoo!動画スポットプラン」提供、凸版印刷の動画コミュニケーションサービスと連携し、動画広告をより気軽に

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼、以下 ONE COMPATH)は、ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)において、全国はもちろん、エリア別のユーザーに絞った動画広告を配信することができる「Shufoo!動画スポットプラン」を2021年7月29日(木)より提供開始します。
 なお「Shufoo!動画スポットプラン」は、凸版印刷が提供する動画制作サービス「movring(モブリン)」と連携することにより、低コストかつスピーディに動画広告を制作・配信が可能です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33034/748/resize/d33034-748-dbdffd7c72334aa5ff10-0.png ]

■ 背景
 昨今多くの企業で動画の活用が進んでいます。動画広告の市場規模も2024年には6,856億円(※2)にまで達すると予想されており、情報を効果的かつ効率的に伝達できるコミュニケーション手段として動画広告の重要性が高まっています。
 一方で、エリアに合わせた広告展開を行うメーカーや、地場に根ざした流通小売企業にとっては、特定の地域を指定して広告配信を行っても、その地域を購買エリアとしていない人にも届いてしまうこともあるため、実際に居住するあるいは利用する顧客にピンポイントで広告を届けることが難しいという問題があります。
 そのような背景の中、エリアを絞って動画広告の配信ができる「Shufoo!動画スポットプラン」の提供を開始します。これまで全国展開する企業向けの動画広告メニューは提供していましたが、今回の「Shufoo!動画スポットプラン」により、エリア別(国内6エリア、都道府県別)で配信することが可能となります。
 また、動画コンテンツの制作には専門のスキルを要する動画編集ソフトの導入や人的コストがかかり、外部に委託するにも高額な費用がかかるなど、ハードルが高いのが現状です。そこで、動画制作サービス「movring」と連携することで、従来よりも低コストで気軽に動画制作・配信が可能になります。

■ 「Shufoo!動画スポットプラン」サービス概要
 Shufoo!アプリ上で動画広告(最大30秒)を掲載することができます。既存の動画コンテンツ(CM、WEB広告用動画、店内販促用動画など)を活用できます。Shufoo!のアプリユーザーはチラシが見たいエリアを「Myエリア」として登録しているため、より精度が高いエリアセグメントをした広告配信が可能です。また、画像やテキスト素材から簡単に動画が制作できるサービス「movring」と連携することで、従来よりも低コストで気軽に広告配信を可能にします。

・特徴
(1)チラシコンテンツと同様の体裁で掲載され、アプリで最もユーザーの多いHOME画面に露出できる
(2)能動的に買い物情報を集める購買意欲の高いShufoo!ユーザーに配信するため広告効果が高い
(3)「全国」「6エリア(1.北海道・東北、2.関東、3.中部・甲信越、4.関西、5.中四国、6.九州・沖縄)」「都道府県別」から、任意のエリアを指定して動画を掲載できる
(4)「movring」との連携により低コストで動画広告が作成できる

・価格
配信エリアによって変動します。お問い合わせください。

■ 今後の展開
 凸版印刷では「movring」の拡販に取り組み、2025年度までに関連受注含め約60億円の売上を目指します。また、ONE COMPATHでは「動画スポットプラン」を2025年度までに当プラン単体で約3億円の売上を目指します。

■ 動画コミュニケーションサービス「movring (モブリン)」について

[画像2: https://prtimes.jp/i/33034/748/resize/d33034-748-4f4492143494ed8e49b2-1.png ]

 「Shufoo!動画スポットプラン」では、既存の動画コンテンツを持っていない企業や、より多くの動画コンテンツを作成したい企業に対して、動画コミュニケーションサービス「movring」による動画制作サービスも提供します。チラシやカタログなどで使用した画像/テキスト素材を活用し、あらかじめ用意されたテンプレートを選択するだけで、簡単かつ短納期で高品質な動画が制作可能です。
 さらに、流通小売企業だけでなくメーカー企業のエリア別販促施策にも活用できるよう、メーカー企業向けのテンプレートも100種類以上に拡充しました。
・費用: 1本3万円~
・詳細: https://www.toppan.co.jp/news/2020/11/newsrelease_201127_1.html

■ <参考>実証実験
 今回、Shufoo!ではニーズが増していく動画による訴求を行うべく、消費財メーカー3社の協力の下、Shufoo!アプリ上で動画広告を配信する実証実験を行いました。実証実験の結果、当該動画広告を見たユーザーにおいては、「商品の購入を検討した」(52.3%/3社平均)、「商品を購入した」(7.1%/3社平均)と、非常に高い広告効果をあげたことがわかりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/33034/748/resize/d33034-748-40755de1be52296f737d-2.png ]

・名称: 動画スポットプラン配信実証実験
・実施期間: 2021年5月18日~28日
・目的: 「Shufoo!動画スポットプラン」の効果測定

■ 株式会社 ONE COMPATHについて
所在地: 東京都港区芝浦 3-19-26 トッパン芝浦ビル
設立: 1997 年 1 月 20 日
資本金: 600 百万円
代表者: 代表取締役社長 CEO 早川 礼
従業員: 145 名(2021 年 4 月時点/出向者を含む)
URL: https://onecompath.com

※1 「Shufoo!」について
 凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、30~50代の女性を中心に利用されている国内最大の電子チラシサービス。2019年4月1日、株式会社ONE COMPATHへ事業が継承されました。大手流通各社、地域主力スーパーなど約4,400法人、約120,000店舗が参加。PV数は月間4.5億PV、ユニークユーザー数は月間1,600万(2021年7月現在、提供ASP上のアクセス含む)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者はスマートフォンやタブレット端末、PCなど様々なデバイスから日本全国のチラシをはじめとするお買い物情報を閲覧することができます。
URL:
・PC、スマートフォンサイト  https://www.shufoo.net
・iPhoneアプリ  https://itunes.apple.com/jp/app/id373909230
・iPadアプリ  https://itunes.apple.com/jp/app/id373911706
・Androidアプリ  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android

※2サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング