【大京】岐阜・高島屋南地区の再開発事業の高層分譲マンション 名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定

PR TIMES / 2020年10月14日 18時15分

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:小島 一雄)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:芳井 敬一)は、このたび、岐阜県岐阜市の「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」において建築中の分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定しましたのでお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-839843-0.jpg ]




本事業は、柳ケ瀬商店街を含む中心市街地の活性化を目指して推進している再開発事業で、分譲マンションの開発を2社で推進しています。バス路線の大半が経由する柳ケ瀬の南玄関口に位置し、利便性の高いエリアです。再開発ビル「柳ケ瀬グラッスル35」は、商業施設、公益的施設、住宅、駐車場で構成され、賑わいの広場も整備される予定です。

本分譲マンションは、再開発ビルの5階から35階に位置します。岐阜県内で最大の総戸数335戸を有し、多様な世代の暮らしに合わせて約60タイプの間取りからご選択いただけます。最上階には、岐阜城、金華山、長良川を望む住戸を含め、100平方メートル 超の6戸をご用意します。そのほか、共用施設として、スカイラウンジやゲストルームなども備えます。

2022年度の竣工を目指し、街のにぎわい創出とともに、地域に調和した快適な住まいをご提供してまいります。

1.高島屋南地区第一種市街地再開発事業「柳ケ瀬グラッスル35」について
本再開発事業は、高島屋南市街地再開発組合が施行者として、岐阜県岐阜市柳ケ瀬の南玄関口で推進している事業です。「岐阜市中心市街地活性化基本計画」に位置づけられ、基本方針にある「まちの活力を支える居住者の確保」や「まちの魅力となるコンテンツの創出」の実現にむけ、極めて重要なプロジェクトとなっています。

2020年8月に「柳ケ瀬グラッスル35」と名称決定された再開発ビルは、地下1階、地上35階建てで、1階~2階は商業施設、3階~4階は岐阜市が整備する公益的施設(健康・運動施設、子育て支援施設)となります。5階~35階の分譲マンション「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は、岐阜県内最大規模の総戸数335戸、柳ケ瀬のランドマークとして、中心市街地および商店街の活性化実現を目指します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-961053-1.jpg ]



2.分譲マンション「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」について

[画像3: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-453867-2.jpg ]


1.外観デザイン
高層部分は、縦ラインを強調し、岐阜城の色彩を意識しました。ベースカラーは濃いグレー、アクセントとなるラインに白を用いたモノトーンの色彩で表現しています。
低層部分は、長良川を流れる水のきらめきをイメージし、連続するガラスサッシやガラス手すりを用いて、横ラインを強調しています。
また、エレベーターホールを建物北側の外周に配したことで、エレベーターホール(16階以上)から金華山、岐阜城などを眺めることができるようにしています。


2.共用施設

[画像4: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-572008-5.jpg ]

共用施設として、25階に岐阜市内を一望できるスカイラウンジを設けました。ゲストを招待してのパーティーや記念日の集まりでご利用いただけ、落ち着きのある空間でぜいたくな時間をお過ごしいただけます。大切なゲストが宿泊できる6階のゲストルームは、ホテルのような格調と上質な居心地をご提供します。
また、当物件は「岐阜県防犯優良認定マンション」に認定されており、大京オリジナルのセキュリティシステム「クワッドロックシステム※」を設けています。
※「クワッドロックシステム」はエントランスから玄関までの、四重のセキュリティのことを指します。

3.間取り
専有面積は46.90 平方メートル ~156.32平方メートル 、1LDK~4LDK、約60タイプの豊富な間取りをご用意しました。最上階の35階には、岐阜城、金華山、長良川を望む住戸を含め、100平方メートル 超のトップグレード住戸を6戸設けました。


4.物件概要
所在地:岐阜県岐阜市徹明通二丁目18(地番)
交通:名鉄名古屋本線「名鉄岐阜」駅徒歩11分、JR東海道本線「岐阜」駅 徒歩13分
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模:地下1階、地上35階(1階~2階:商業施設、3階~4階:公益的施設、
5階~35階:住宅)、駐車場(1階~8階:自走式立体駐車場)
総戸数:335戸(地上5階~35階、権利者住戸36戸を含む)
専有面積:46.90平方メートル ~156.32平方メートル
間取り:1LDK~4LDK
駐車場:303台
着工:2019年10月
竣工:未定
売主:株式会社大京、大和ハウス工業株式会社

5.今後のスケジュール(予定)
2020年10月下旬  公式ウェブサイト公開
2021年1月上旬  マンションパビリオン完成
2021年1月下旬  モデルルームご案内会開催
2021年3月中旬  販売開始
2022年度     竣工


■「岐阜高島屋南再開発事業」の概要
事業名称:高島屋南地区第一種市街地再開発事業
施行者:高島屋南市街地再開発組合(理事長:田宮 雅雄)
所在地:岐阜県岐阜市徹明通二丁目18番
地区面積:約0.9ha
用途:商業施設、公益的施設、住宅、駐車場

■周辺地図
[画像5: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-716702-3.jpg ]

※高島屋南市街地再開発組合ホームページより引用



[画像6: https://prtimes.jp/i/23075/751/resize/d23075-751-361003-4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング