JALホテルズ、沖縄県内5ホテルコラボレーションプラン

PR TIMES / 2014年8月28日 10時59分

JALホテルズの沖縄県内チェーン5ホテルが自慢の一品のレシピを共有、各ホテルのレストランですべてをお楽しみいただけるランチブッフェをお届けいたします。



株式会社JALホテルズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マルセル・ファン・アルスト)が日本国内で運営するニッコー・ホテルズ・インターナショナルとホテルJALシティの両チェーンホテルのうち沖縄県内の5ホテル、ホテル日航アリビラ、ホテル日航那覇グランドキャッスル、JALプライベートリゾートオクマ、ホテル日航八重山、JALシティ那覇において各ホテルの自慢の一品のレシピを5ホテルで共有。2014年9月1日(月)~9月30日(火)の期間中、同時に5品を各ホテルのランチブッフェで展開いたします。

本企画では、沖縄のJALホテルズの5ホテル自慢のレシピを共有し同時に提供することにより、それぞれのホテルのランチで、チェーン5ホテル自慢料理のバリエーションが一度にお楽しみいただけます。

メニューには、紅芋ジャム&パインバター(ホテル日航アリビラ)、若鶏もも肉のソテー 香りバター焼き(ホテル日航那覇グランドキャッスル)、ラフテーの焼きポテト添え バルサミコソース 三種類のペッパー風味(JALプライベートリゾートオクマ)、県産牛のロディ レモングラス風味(ホテル日航八重山)、スモークチキンとアボカドのエッグベネディクト(ホテルJALシティ那覇)があり、ホテルで独自に工夫を凝らした下ごしらえやソースなどの秘伝の味を各ホテルの調理スタッフ同士が連携し、そのホテルの味に近づけました。また、ランチご利用時JALホテルズ会員組織One Harmony会員様に、各ホテルのランチ券やディナー券、宿泊券が当たるキャンペーンも同時に開催いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング