ケイティ・ペリー、2012年度「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」受賞!ケイティの素顔に迫るドキュメント映画も発売!

PR TIMES / 2012年12月6日 9時25分



米Billboard誌が毎年年末発表する音楽界で最も活躍した女性に与えられる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」をケイティ・ペリーが受賞しました。

テイラー・スウィフトやビヨンセも過去に受賞しているこの賞。今回のケイティの受賞の理由は、1枚のアルバム(『ティーンエイジ・ドリーム』)からシングル5曲の全米シングル・チャート1位を送り出すという、女性としては初の快挙であり、マイケル・ジャクソンと並ぶ記録を作り、また、『ティーンエイジ・ドリーム』は全米アルバム・チャートに100週以上チャートインし続け、さらには自身の映画『ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー』が世界中で公開されるなどの活躍が評価されたことによるものです。

そんな、彼女が評価された要因の一つである映画『ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー』が2012年12月5日に日本でもDVD/ブルーレイとして発売されました。この映画は、今年7月からアメリカ他各国で上映され、9月には日本全国で公開され、話題となったケイティの素顔に迫る迫力満点のライヴ&ドキュメンタリー映画です。
アルバム『ティーンエイジ・ドリーム』のワールド・ツアーでのオン・ステージからバック・ステージまでを完全密着した内容。家族と生い立ち、レコード会社との確執、結婚と離婚など、スーパースターの素顔が生々しく映し出されています。迫力満点のライヴ映像も満載で、ジャパン・ツアーでの出来事も収録されています。

 このDVDとブルーレイ日本盤には、映画には入らなかった36分を超える豪華特典映像も収録。ケイティがおばあちゃんのために歌う映像や、ダンス・レッスンの様子、ファン手作りのケイティのバービー人形など盛りだくさんの中、最も注目なのはグラミー賞の舞台裏の映像です。ケイティが離婚した直後に行われたグラミー賞のリハーサルでは「(離婚して)可愛そうってみんな思ってる。だからこのパフォーマンスで私が犠牲者じゃなく、勝者だと伝えるの」「怒りや悲しみはあるけど、今の私がたまたまそんな状態なだけ」と発言。賞直前では離婚についての周囲のウワサ話が気になりナーバスになるも、パフォーマンスで離婚の辛さをふっ切りたいという思いで、3時間前まで演出にこだわる様子までもが収録されています。他にもケイティ直筆のサイン入り映画ポスターが抽選で20名様に当たる、という初回生産限定特典も用意されています。

 また、今年1月に、ケイティがきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」のPVを自身のツイッターで紹介し絶賛したことも記憶に新しいですが、ケイティの映画を観たきゃりーぱみゅぱみゅは「California Gurlsのぶっとんだカワイイ世界に大興奮して以来、Katy Perryは私の憧れの女性アーティスト。ファッションや音楽で革命が起こせるんだ!と勇気をもらえるキラキラワクワクのドキュメンタリームービーです!」と、映画を紹介するコメントを寄せています。

夢を諦めずに世界的ポップスターとなったケイティの全ての軌跡がここにあります。

■『ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー』
2012年12月5日発売
日本語訳の字幕入り(映画本編および特典映像)・解説付き
合計収録時間約2時間10分(本編:約1時間33分 特典映像:約36分)
DVD TOBW-3397 3,800円(税込)
ブルーレイ TOXW-4006 4,500円(税込)

■ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー』日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/intl/partofme/

■ケイティ・ペリー日本公式サイト
http://emij.jp/kp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング