張学良と宋美齢は恋仲だった!? 生前の張学良に直接取材をした日本人作家が、 20年をかけて明らかにした歴史秘話、本邦初公開!!

PR TIMES / 2014年7月1日 11時38分

角川書店ブランドカンパニー

半藤一利氏、山田洋次氏推薦!!

「二〇世紀、戦争と革命の歴史のなかに、暖かな情が交わされていた。張学良の秘史は、世界が緊張関係にある現在にこそ活きるだろう。本書の刊行も、歴史的事件だ。」 半藤一利氏(作家)

「波瀾万丈の人生とはこの人のための言葉だろう。動乱の20世紀を生き抜いた風雲児張学良は『戦争は人間のすることではない』と言い切った紳士だった」 山田洋次氏(映画監督)





秘めた愛は、歴史の波頭を漂った――。

1901年。軍閥・張作霖の長男として生まれ、2001年百歳で世を去った張学良。20世紀中国の歴史をそのまま背負って生きた男である。生前の張学良に取材した著者(会見日・1992年1月於台湾張学良邸)に、彼はこう切り出した。「あなたには、私と女性のことを話しましょう」以後、20年余。発言内容を著者は追い続けた。彼が愛し、彼を愛した6人の女傑たちとの秘史が、いま明らかとなる。


戦争と革命という大状況も、一つの愛が左右していた。

蒋介石夫人・宋美齢、ムッソリーニ令嬢・エディ、幽閉時代を支えた妻と秘書、最高の女友達・貝祖貽夫人……。歴史を変えた将軍と女傑たちの物語が、現代に甦る。


<本書の収録内容>
序章――二〇世紀一〇〇年の歴史を生きた男
 →「あなたには、私と女性の話をしましょう」。張学良への直接取材。歴史を体現する男が語った驚愕の話。
  そこから、著者の史実との格闘は始まった。

第一章 一四歳の初体験――父・張作霖
 →父・張作霖との相剋。母や姉との関係、そして一四歳の頃から女色に溺れることになった由来とは。

第二章 世紀の離婚状――最高の妻・于鳳至
 →結婚は親が決めたものだった。二人とも、相手は“意中の人物”ではなかった。しかし、動乱の時代を共に
  生き、かけがえのない相手となっていく。西安事変後、幽閉生活も一緒だった二人が“世紀の離婚状”を
  書くことになったのは一体なぜか?

第三章 軍閥を支えた物理学者――第二夫人・谷瑞玉
 →あまりにも影の薄い第二夫人。だが、張軍閥は彼女との関係がなければ安定はなかった。

第四章 “主義”を変えた熱情――ムッソリーニ令嬢・エディ
 →駐中国のイタリア公使夫人にして、ムッソリーニの娘。彼女は“公然”と張学良にアプローチしていた! 
  彼女の仲介があり、ムッソリーニと張学良は出合うことになる。

第五章 幽閉を支えた手――秘書、そして最後の妻・趙一荻
 →16歳で出会い、張学良のもとに出奔した女性。長く秘書として側に寄り添い、出会ってから36年後、
  幽閉生活のなかで夫婦となった。半世紀におよぶ監禁生活を支え続けた女性の素顔とは。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング