初の二人展で漆芸の世界を。 「輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展」大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

PR TIMES / 2020年7月20日 17時40分

■2020年7月29日(水)→8月4日(火)  ■大丸心斎橋店 本館8階  アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

漆芸の地、輪島で技を磨き活躍されている田中貴司先生、角康二先生による初の二人展を開催いたします。それぞれが輪島塗の伝統技法である、蒔絵と沈金の高い技術を有し、数々の賞に輝き注目されていらっしゃいます。
卓越した技により生み出され、豊かな表現力をもつ漆芸の世界をご堪能ください。




タイトル:輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展
会期:2020年7月29日(水)→8月4日(火)
※最終日、8月4日(火)は16時閉場
※最新の営業時間は大丸心斎橋店のホームページをご確認ください。
会場:大丸心斎橋店 本館8階
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ Artglorieux GALLERYOF OSAKA
<入場無料>

[画像1: https://prtimes.jp/i/25003/786/resize/d25003-786-233922-5.jpg ]

田中貴司 漆額「夢追い人」ドン・キホーテ 34cm×24.5cm 税込297,000円

田中 貴司  Takashi Tanaka
日展準会員 現代工芸美術家協会本会員 輪島塗技術保存会会員
1951年   石川県輪島市生まれ
1974年   多摩美術大学デザイン科卒業  一后一兆(蒔絵)に師事 1986年まで
1979年   日本現代工芸美術展初入選 以後入選を重ねる
1980年   石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科 卒業
1981年   日展初入選 以後入選を重ねる
1985年   第24回 日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞
2000年   第39回 日本現代工芸美術展 現代工芸本会員賞受賞
2010年   第49回 日本現代工芸美術展 現代工芸理事長賞受賞
2016年   改組 新 第3回 日展 特選受賞
2018年   改組 新 第5回 日展 特選受賞
2020年   輪島市文化功労賞 受賞


[画像2: https://prtimes.jp/i/25003/786/resize/d25003-786-839201-7.jpg ]

角康二 漆額「遥かなる幻影」 90cm×150cm  税込4,950,000円

角 康二  Yasuji Sumi
日展会員 現代工芸美術家協会評議員 石川県美術文化協会常任評議員
1956年   石川県輪島市生まれ
1975年   三谷吾一(沈金)に師事 1979年まで
1978年   石川県立輪島漆芸技術研修所沈金科 卒業
1979年   日本現代工芸美術展初入選 以後入選を重ねる
1980年   日展初入選 以後入選を重ねる
1989年   第28回 日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞
1999年   第38回 日本現代工芸美術展 現代工芸本会員賞受賞
2005年   第37回 日展 特選受賞
2009年   第48回 日本現代工芸美術展 現代工芸理事長賞受賞
2010年   第42回 日展 特選受賞
2014年   改組 新 第1回 日展 審査員


[画像3: https://prtimes.jp/i/25003/786/resize/d25003-786-525783-1.jpg ]

田中貴司 漆額「夜咄」ふくろう 25cm×19.5cm 税込264,000円


[画像4: https://prtimes.jp/i/25003/786/resize/d25003-786-302561-6.jpg ]

角康二 漆額「葡萄」(貝) 24cm×18cm  税込528,000円


アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ Artglorieux GALLERYOF OSAKA
フランス語でart(アール)は芸術、glorieux(グロリュー)は輝かしい、栄光の、という意味。
時空を超えて、輝き続けるアートを発信いたします。
新しくなった大丸心斎橋店本館で、心ふるえる素敵なアートとの出会いをお楽しみください。

アクセス:Osaka Metro御堂筋線心斎橋駅(南改札)より地下道直結
住所:〒542-8501大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1大丸心斎橋店 本館8階
TEL:06-6271-1231(代表)
HP: https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング