「宇宙博2014」開幕、映画『宇宙兄弟#0』公開……今、「宇宙」がアツい。 これを読めばもっと「宇宙」を楽しめる!命を懸けた選抜・育成の究極の姿をJAXA現役職員が初めて明かす『宇宙飛行士の採用基準』

PR TIMES / 2014年7月18日 10時58分

角川書店ブランドカンパニー

2014年に入り、「宇宙」関連の話題が尽きることがありません。
日本時間3月9日から若田光一宇宙飛行士が日本人宇宙飛行士として初のISS船長(コマンダー)を66日間務め、5月13日には無事に帰還しました。
7月8日には東京ドームシティに「宇宙を感動する」をコンセプトに掲げる『宇宙ミュージアムTeNQ』がオープン。7月19日からは、JAXAとNASAの夢のコラボによる「宇宙博」が幕張メッセ国際展示場ホールで開催(9月23日まで)。8月9日には、小山宙哉氏の大ヒットコミック「宇宙兄弟」のオリジナル・アニメーション映画『宇宙兄弟#0』が公開されます。

いま、「宇宙」がアツい――夏空を見上げながら、宇宙への関心を高めている、そんな方には『宇宙飛行士の採用基準』がオススメです。



本書は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の有人宇宙ミッション本部に在席する山口孝夫さんが書き下ろす、「宇宙飛行士の採用・育成」に関する知見をまとめたものです。

著者は、2008年からの宇宙飛行士候補者選抜試験に携わり、ISS「きぼう」日本実験棟の開発プロジェクトでも活躍した人物。その現場での知見をふまえながら、「飛べる人材」をいかに見抜き、選抜し、育成するか――その「徹底的に公正」で「徹底的に確度を高める」方法を紹介しています。

人材を選ぶには、「必要な資質」を考え抜き、宇宙環境における心理ストレスを含めた「職場環境」も考慮しなければなりません。
「公正に評価する」基準も大切、「選抜の方法」も大切、選抜後の「訓練自体の適切さ」も担保しなければなりません。
すべての要素を抜け目なく整えた上で、「選抜・育成」する――これはじつは、宇宙飛行士の採用だけでなく、一般のビジネス環境でも同様のことが言えるのではないでしょうか?

著者の執筆の動機もここにあります。
つまり、宇宙飛行士の選抜・育成の知見を、一般社会に還元することが、この本のミッションなのです。
本書は、「宇宙」に関心のある方だけでなく、一般社会で「人事」や「部下育成」に携わる方にも是非読んでもらいたい、いわば「人材育成の究極の姿」といえるのです。


<本書の収録内容>

はじめに 社会の「きぼう」へ

第一章 宇宙を「職場」にする生き方
     ――宇宙飛行士の人生

【宇宙という職場と、宇宙飛行士の採用】
  4・8mm向こうは死の世界
  国家規模のヘッドハンティングへの責任
  採るほうも、採られるほうも、真剣勝負

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング