ワールド北青山ビルで、「246st.MARKET」開催 今秋のテーマは “サーキュレーション・ライフスタイル” 衣・食・住まで 新たな価値でつなぐ5日間

PR TIMES / 2020年9月30日 16時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/2439/812/resize/d2439-812-234178-0.jpg ]

株式会社ワールドは、10月14日(水)から18日(日)までの5日間、ワールド北青山ビル1階でクリエイターとユーザーをつなぐPOP-UP型イベント「246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」を開催します。

ワールドが昨年秋から開始した「246st.MARKET」は、“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに掲げ、ファッションの発信地として時代を築いてきた青山通り(246号)に位置するワールド北青山ビルを拠点に、若手クリエイターと共に新たな取り組みを通じて共に未来を創造するプロジェクトです。出展ブランドは開催ごとのテーマに沿って、ワールドがキュレーションをしていきます。

今年のテーマは“サーキュレーション・ライフスタイル” 衣・食・住までジャンルを超えたブースが揃う。

今年は“サーキュレーション・ライフスタイル”をテーマに、衣・食・住までジャンルを超えた10を超えるブランドをキュレーションしました。
ファッションはワールドグループの「ラグタグ」「ラクサス」「スーパーメイド」に加えて、アップサイクルブランドの「スリュー」が参加。そのほか、任意団体コオフクとの取組みで、既製品を障がいのある方が着こなせるようにリデザインをした商品の初の販売など、多様な視点でこれからのライフスタイルを提案します。そのほか、会場内には、ファッション雑貨、キッチン雑貨やフラワー、コスメ、フード、ドリンクで構成し、訪れる人が楽しみながら回遊できる空間を演出します。

今回で3回目の開催となる「246st.MARKET」。五感で感じるインタラクティブな体験。

ワールド北青山ビルでの「246st.MARKET」は昨年秋に続く2回目、更に外部出店として今年6月にはニュウマン横浜でポップアップを開催し、今回で3回目の開催です。
※ニュウマン横浜での開催について プレスリリースはこちら  http://corp.world.co.jp/news/1944/
訪れる人に、モノとの出会いだけではなくその背景にあるストーリーや想い、さらに学びや体験もできる5日間となり、期間中は会場内で、サーキュレーション・ライフスタイルやサステナブルをテーマにした複数のトークセッションを行うほか、実際にモノづくりが体験できるワークショップを予定しています。

<出展ブランドについて>※最新情報は「246st. MARKET」公式ウェブページ https://www.246stmarket.com/で随時更新します。

ファッション、ファッション雑貨、フラワー、コスメ、フードまで「GOOD FOR FUTURE」をテーマに、ワールドがキュレーションしたブランドや取組みが出展。
FASHION
RAGTAG(ラグタグ)、SUPERMADE(スーパーメイド)、Laxus(ラクサス)、SREU(スリュー)、WORLD×CO-FUKU(ワールド×コオフク)
GOODS・FLOWER
Earth Wrap (アースラップ)、Sayaka dept. cheering jewelry(サヤカデプト チアリングジュエリー)、RIN(リン) ※フラワー、Carton (カートン)
COSME
FERMENSTATION(ファーメンステーション)
FOOD
日本サステイナブルコーヒー協会、tabel(タベル)
・・・and more 出展ブランド一覧とイベント詳細は10月上旬に改めてリリースいたします。

『246st.MARKET』 開催概要



[画像2: https://prtimes.jp/i/2439/812/resize/d2439-812-196972-3.jpg ]

日 程:2020年10月14日(水)~10月18日(日)の5日間
場 所:ワールド北青山ビル (東京都港区北青山3-5-10)
時 間:11:00~18:00 ※出展ブランドごとに営業時間は異なる場合がございます。
入場に際して:入場無料
※新型コロナウイルス感染症対策として、入場の際に検温などの確認をさせて頂くほか、マスクの着用をお願いしております。

会場を構成するオリジナル什器について


[画像3: https://prtimes.jp/i/2439/812/resize/d2439-812-773438-2.jpg ]

什器のデザインは、コワーキングスペース、シェアハウスなど様々な人々が集い交流のハブになるような場所の設計を多く手がける建築家 百枝優氏が「246st.MARKET」のためにデザイン。屏風型の側板とフレキシブルな棚板の組み合わせでできており、収納時は屏風のように折り畳むことができ、再利用をしています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング